近畿・東海・北陸・中国で梅雨入り「頭痛」「だるさ」など天気痛の症状がある人は注意

雨の季節に入り、天気痛に悩まされている人にとっては嫌な季節となりました。頭痛やだるさ、めまいなど、天気痛への対策のため、事前に準備をしておきましょう。
ウェザーニュース

今日14日(火)11時に近畿、東海、北陸、中国の梅雨入りの発表が気象台からありました。

先週から発表があった関東・九州南部・九州北部・四国、に続いて広範囲で雨の季節に入り、天気痛に悩まされている方にとっては嫌な季節となりました。

この先もすっきりしない天気が続き、ウェザーニュース発表の天気痛予報では、広く「注意」や「警戒」ランクの予想です。

梅雨どきは、梅雨冷えだけでなく、蒸し暑かったり雷雨があったりと、気圧、気温、湿度の変化が大きいものです。体が季節についていけないと、不調が起きやすくなるといわれています。

頭痛やめまいなど、天気痛による対策のために薬を服用されている方は事前に準備をしておきましょう。

天気痛にとって悩まされる梅雨の季節へ

週間天気図 16日(木)~21日(火)
週間天気図 16日(木)~21日(火)
ウェザーニュース

この先は梅雨前線や前線上の低気圧が南海上へ少し離れるものの、週末には再び前線が北上する予想です。

前線の南側では、暖かく湿った空気が入り、雨が強まることがあるため、注意が必要です。

また、前線の北上に伴い気温も上昇し、30℃を超える予想も出ています。湿度も高くなり、不快感も加わるため体調管理に気をつけてください。

梅雨の時期は気分が落ち込みやすく、身体へのストレスがたまりやすくなることが多くなりますので、注意してお過ごしください。

天気痛予報を参考に事前の対策を

ウェザーニュースがこれまでに会員の方々と幾度も検証を行った結果、「気圧の変化が通常のパターンからずれた時」に、頭痛や関節痛などの天気痛を感じる方が多いことが分かっています。

毎日決まった時間に起こる「大気潮汐」と呼ばれる気圧変化の変動が通常より大きくなっていることに加えて、低気圧や寒気などの影響で「微気圧変動」と呼ばれる細かな気圧変化が重なっている状況です。このため気圧変化の影響で、頭痛や関節痛を感じることが多い方は注意が必要です。

ウェザーニュースの天気痛予報の中では、天気痛が発症するリスクを6日先まで、“警戒”“注意”“やや注意”“安心”の4 ランクで表示しています。また、今日明日については3時間毎の天気痛予報と天気、気圧の変化も確認することができます。

ご自身の体調変化などのパターンと照らし合わせて、ぜひとも天気痛の発症する前に予防薬やマッサージなどで対策をしてみてください。

【関連記事】