【週間予報】週末の天気は?土曜にかけて大雨に警戒を。週明けはやや低めの気温に

土曜日にかけて前線上を低気圧が通過するため、大雨に警戒が必要です。
ウェザーニュース

■この先1週間のポイント■

・14日(土)にかけて大雨に警戒
・来週中頃は天気回復傾向
・週明けはやや低めの気温に

14日(土)にかけて大雨に警戒

13日(金)21時の予想天気図と12時間降水量の予想
13日(金)21時の予想天気図と12時間降水量の予想
ウェザーニュース

この先14日(土)にかけて、前線上を低気圧が通過していきます。前線や低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込むため、雨雲が発達して雨量が多くなる可能性があります。

このため、西日本では13日(金)にかけて、東日本では13日(金)〜14日(土)は太平洋側を中心に強雨や大雨に警戒が必要です。

現時点では低気圧や前線の位置などの予測に不確実性が高いものの、総雨量は多い所で200~300mmに達してもおかしくありません。河川増水や土砂災害などのおそれもあります。

九州や四国、本州の梅雨入りはまだ先ですが、雨の季節への備えを早めにしておくことをおすすめします。

来週中頃は天気回復傾向

14日(土)は前線が東へと抜けますが、その後も太平洋側は湿った空気が入りやすくスッキリしない天気が続きます。16日(月)には前線が再び北上傾向で、雨の降る可能性もあります。

17日(火)になると前線が離れていく西日本から回復し、19日(木)にかけて関東なども日差しが戻る予想です。

週明けはやや低めの気温に

週末にかけては、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込む影響で、日差しが乏しい割にこの時期らしい気温で推移する見通しです。

梅雨時期ほどではないものの、少しジメジメとした日が続き、やや蒸し暑さも感じる可能性があります。食品などの衛生管理にも気を付けるようにしましょう。

週明け16日(月)は気温がやや低めの予想となっています。短い期間で体感温度が変化するため、服装選びに注意して、体調を崩さないようにご注意ください。

【関連記事】

Popular in the Community