wasurerarerukenri

弁護士は「本人の同意なく半永久的に裸の映像を見られてしまうのは、重大な人権侵害」と指摘。一方で、AV人権倫理機構は「最終的には権利者の判断」と回答。
ネットで名前を検索したとき、古い不名誉情報を検索結果に出させない権利。初めて世界の注目を集めたのは、2014年5月、欧州司法裁判所の判断だった。
検索結果の削除について、最高裁としては初めての判断基準を示した。
Facebookは、ノンユーザのデータを集めていることに関して、今のところコメントしていない。
「忘れられる権利」が妙な方向に盛り上がりを見せている。
EU司法裁判所がネット上の「忘れられる権利」を認めた判決をもとに、米グーグルが検索結果から削除した記事について、英BBCが25日からそのリストを公開し始めている
「忘れられる権利」といった新しい概念や最新の社会動向を私のような専門外の人間が知ることは、そんなに容易なことではありません。
欧州連合(EU)の司法裁判所がグーグルに対し、「公開当初の目的から見て、不適切、関連のない、もしくはもはや関連のなくなった、行き過ぎた」検索結果は削除を要請できる、とした今年5月の「忘れられる権利」判決。
インターネット上の「忘れられる権利」の司法判断に対して米グーグルが記事の削除対象を欧州のサイトに限定したことで、欧州の個人情報保護局から非難を浴びている。関係者が明らかにした。
ヨーロッパ連合(EU)で認められた、いわゆる「忘れられる権利」の実行は、すでに報道機関に対して憂慮すべき影響を及ぼしている。7月2日には、少なくとも2社の報道機関が、自社の記事へのリンクがGoogleによって消されたことを明らかにした。