yakubutsu

「もしフィリピンの治安が改善し経済が良くなったら、もちろんフィリピンで暮らすのがいいに決まっている。私の家族はそこにいるのだし、故郷よりいい場所なんかない」
国際陸上競技連盟は、ドーピング問題を巡ってロシア陸連に課していた出場停止処分を解除しないと決めた。
薬物乱用の検出や運動能力の最適化など、汗成分の応用が今注目されている。
環境を変化させることで、依存症に劇的な影響を与えることができる。
アメリカ人歌手のホイットニー・ヒューストンの娘が、ホスピス施設に移送されました。このニュースを聞いて、「なぜホスピスへ?」と思った方も多いのではないでしょうか。
諸外国の中には、薬物に対し、真正面から撲滅を目指して徹底抗戦するのではなく、カナダ、オランダ、ニュージーランドなどのように、「ハーム・リダクション」という考え方に則り、ある種の共棲を目指す国もある。
マラリア原虫の薬物耐性の原因となるタンパク質の働きを分子レベルで、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科の森山芳則教授、表弘志准教授、樹下成信助教らが初めて突き止めた
厚生労働省と警察庁が「脱法ハーブ」に代わる新しい呼称の募集を始めると発表した。海外ではどのような名前が使われているのだろうか。