yamatounyu

ヤマト運輸社長・会長を歴任した木川眞さんは、官民挙げての物流国際標準化に取り組んできた。日本発のルール作りに取り組むまでの道のりとは。
「全然気にしません」「いつもありがとうございます」...。ヤマト配達員に、労いのコメントが相次いでいます。
ヤマト運輸が、全国の宅急便センターとセールスドライバーの料金支払いにおいて、6種類のQRコード決済への対応を始めます。
宅急便で見慣れたクロネコマークは、4月1日に1957年の制定以来初めてリニューアルされます。
自動運転技術は高齢社会において大きな寄与が期待される。自動運転技術を構成する機能を備えた安全対策車が普及すれば、かなりの事故は未然に防げるはずだ。
国土交通省によると、荷物の約2割は再配達となっており、宅配事業に関わる従業員の約1割が再配達に費やされていると言われています。
PRESENTED BY エン・ジャパン