yoshiengumi

アメリカ・オクラホマ州の警察官が、担当した虐待事件の被害者の男の子と養子縁組し、家族として迎えた。
「婿養子」といえば体裁の上がらない男として扱われることが多く、世間には「○○さん、婿養子になったんだって」と聞いて失笑をもらす人さえいる。
LGBTでも、ストレートでも、誰もが養親として子どもを迎えられる、そんな社会になってほしい。そう、強く願っています。
非常に大切な論点や情報が出てきたので、ポイントを箇条書きにしながら、本記事で広く社会的養護にご関心のある皆さんとシェアしていきたいと思います。
まだ小さいけれど、たくさんの物語を持った双子です。
内容が世間で思われているイメージと異なり、子ども達にとってポジティブだったのは嬉しいことです。
「私たちは本当に運が良かったのです」
2017年、ハフポスト日本版は、「様々な立場の人がより自由で住みやすい社会になるために」をテーマにしました。
2週間に1人、赤ちゃんが虐待で死んでいて、虐待死の6割が0歳児です。赤ちゃんの虐待死を防ぐために鍵になるのが、この特別養子縁組団体なんです。