yoshiengumi

アメリカ・オクラホマ州の警察官が、担当した虐待事件の被害者の男の子と養子縁組し、家族として迎えた。
「婿養子」といえば体裁の上がらない男として扱われることが多く、世間には「○○さん、婿養子になったんだって」と聞いて失笑をもらす人さえいる。
LGBTでも、ストレートでも、誰もが養親として子どもを迎えられる、そんな社会になってほしい。そう、強く願っています。
非常に大切な論点や情報が出てきたので、ポイントを箇条書きにしながら、本記事で広く社会的養護にご関心のある皆さんとシェアしていきたいと思います。
まだ小さいけれど、たくさんの物語を持った双子です。
内容が世間で思われているイメージと異なり、子ども達にとってポジティブだったのは嬉しいことです。
「私たちは本当に運が良かったのです」
2017年、ハフポスト日本版は、「様々な立場の人がより自由で住みやすい社会になるために」をテーマにしました。
2週間に1人、赤ちゃんが虐待で死んでいて、虐待死の6割が0歳児です。赤ちゃんの虐待死を防ぐために鍵になるのが、この特別養子縁組団体なんです。
2週間に1人、遺棄されたり虐待されて命を落とす赤ちゃんを、一人でも多く救いたい。そんな思いから始めていきました。
国籍とは何だろう。人種とは何だろう。家族とは何だろう。
東京都内に住むサオリさん(40代、仮名)は、1歳になった息子のユウ君(仮名)から目が離せない。
日本の行政には、予期せぬ・望まない妊娠について相談できる機関がほとんどありません。
金メダリストのシモーネ・バイルズ選手は、5歳の時に祖父のロンさんと祖母のネリーさんの養子になった。
施設養護が9割近くになり、子どもの最善の利益がないがしろにされてる日本で、今回の児童福祉法の改正は画期的な変化です。
どうすれば特別養子縁組を普及することができるのか、また現状の課題はどこにあるのか等、長年特別養子縁組に取り組まれてきた自民党・野田聖子議員に話を聞いた。
9歳のトリスタン・ジェイコブソンくんが営む小さなレモネード・スタンドに、何百人という客が立ち寄った。