yoshoku

マグロのいけすの網を水揚げしてみると、ブリたちが100匹ほど紛れ込んでいたという。
チリはノルウェーに次いで世界第2位の養殖サケ生産国となりました。その結果、周辺の自然環境や社会、野生生物への影響が生じるにようになりました。
2016年10月には、生産の90%を日本が占めるブリ・スギ類の養殖の認証基準を新たに公表。海の自然を守りながら取り組む、ブリの養殖が始まろうとしています。
この国にはね、毎日命をかけて木に登ってココナッツの実を取る人たちがいるんだよ。
日本のみなさんの食の安全に対する関心の高さに驚いています。
チリ産の鮭、日本のスーパーにたくさん並んでいますよね。ところが、地元の人は、この鮭を食べません。
世界の水産物の生産に欠かせない規模になった養殖業。しかし、拡大する養殖は、天然資源の枯渇や海洋汚染の原因にもなっています。
2011年3月の東日本大震災で被災した、宮城県志津川町の海で、日本では初の例となる「ASC認証」の取得に向けた審査が行なわれます。
厳島神社を臨む広島湾では多くのカキが育てられ、全国に出荷される。そこにはある「副産物」が流れ着く。
PRESENTED BY AQUA SOCIAL FES!!