BLOG
2015年07月15日 20時58分 JST | 更新 2016年07月15日 18時12分 JST

台風11号 大雨・暴風の警戒期間

大型で非常に強い台風11号は、16日(木)夜遅くから17日(金)にかけて四国や紀伊半島、九州に接近、上陸の恐れ。広い範囲で暴風や大雨に厳重な警戒が必要です。

大型で非常に強い台風11号は、16日(木)夜遅くから17日(金)にかけて四国や紀伊半島、九州に接近、上陸の恐れ。広い範囲で暴風や大雨に厳重な警戒が必要です。警戒期間をまとめましたので参考になさってください。

大型で非常に強い台風11号は、15日(水)18時現在、

紀伊半島のはるか南海上を1時間に20キロの速さで北へ進んでいます。

今後も比較的ゆっくりとした速度で北上し、強い勢力をたもったまま四国や紀伊半島、九州に接近、

16日(木)夜遅くから17日(金)にかけて上陸の恐れもあります。

16日(木)から17日(金)は広い範囲で大雨や暴風、高波に警戒が必要です。

以下、地方ごとに警戒期間をまとめましたので、上の図とともに参考になさってください。

【九州】

16日(木)午前中から雨が降り出し、17日(金)の日中は断続的な雨となるでしょう。

16日(木)夜から17日(金)の昼ごろにかけて暴風が吹き荒れそうです。

海上は大しけとなるでしょう。

大潮の期間にあたり、潮位が高くなりますので十分な警戒をしてください。

【中国・四国】

雨が続き、16日(木)夕方から17日(金)昼ごろにかけて大雨になるでしょう。

局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨の降る所がありそうです。

予想される総雨量は、17日(金)にかけて多い所で1000ミリ近くに達する見込みです。

16日(木)夕方からは暴風が吹き、17日(金)の日中いっぱい風の強まる所がありそうです。

落雷や竜巻などの激しい突風にも注意なさってください。

海上は、高波や高潮に警戒が必要です。

【近畿・東海】

18日(土)昼ごろにかけて雨が続き、17日(金)を中心に雨脚が強まるでしょう。

土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に十分に警戒してください。

16日(木)夕方から17日(金)昼ごろにかけて暴風が吹く見込みです。

海上はうねりを伴って猛烈なしけとなるでしょう。

【関東甲信】

18日(土)昼ごろにかけて雨で、17日の午前中は激しく降る所がある見込みです。

風は、17日の午前中が最も強くなりそうです。

海上はうねりを伴い、大しけの状態が続きますので警戒してください。

台風11号の動きが遅いため、長い時間にわたって強い雨や風が続く可能性があります。

今後の台風情報にも十分に注意して、万全の対策でお過ごしください。

台風11号の予想進路図(15日18時現在)

(2015年7月15日 20時41分)

【関連リンク】

2015-02-04-20150204tenki_horie_small.jpg

堀江 万喜

気象予報士 防災士

出身地の東海地方では「中京テレビ」や「NHK名古屋放送局」で気象キャスターを務めました。その他、各局ラジオの気象コーナーも担当し、経験を積んできました。2014年4月からは関東に移り、新しい土地の空気や空を感じながら毎日enjoy♪しています。のんびり歩いたり、車窓から景色を眺めることが大好きです。お天気を通して、皆さんの生活がより楽しくなるようお手伝いしていきたいと思います♡