【台風情報】ハリケーンが台風17号に 今後の進路は?

ミッドウェー諸島近海を進んでいるハリケーン「Kilo」が、台風17号「キロ」になりました。

1日15時、ミッドウェー諸島近海を進んでいるハリケーン「Kilo」が、台風17号「キロ」になりました。日付変更線をこえて北西太平洋に進んできたため、「ハリケーン」から「台風」になったのです。

ハリケーンが台風に 今年2度目

ハリケーン「Kilo」は、日付変更線より東側で生まれました。その後ミッドウェー諸島近海を北北西に進み、1日15時、日付変更線をこえて北西太平洋に。ハリケーンから台風になりました。なお、名前はハリケーンの時と同じ「Kilo(キロ)」のままです。

ハリケーン(ハリケーンの卵であるトロピカルストームも含む)が日付変更線をこえて台風になるのは、今年7月の台風12号以来。今年2度目のことです。

なお、台風17号「Kilo」は次第に進路を西よりに変えて進む見込みです。

ハリケーンって?台風との違いは?

ハリケーンは、北東太平洋(太平洋の赤道より北、東経180度より東)、北大西洋、カリブ海およびメキシコ湾に存在する熱帯低気圧のうち、最大風速が約33m/s以上になったもの。

一方、台風は、北西太平洋(太平洋の赤道より北、東経180度より西)および南シナ海に存在する熱帯低気圧のうち、最大風速が約17m/s以上になったものです。

ハリケーンは、「強い」以上の勢力の台風に相当することになります。

【関連リンク】

日直主任

臨機応変に日直予報士記事をアップします!

「日直予報士」は、日本気象協会所属の気象予報士が交代で全国の天気を解説します。

日々の天気、季節の話題など皆さんの生活に密着した気象情報もお届けしています★