これからの経済

採用されたのは、お餅ときな粉、黒蜜にピッタリの「もなか」の容器。開発する上で苦労した点を聞きました。
住み続けるほどお財布に優しくなる住宅が今、注目を集めている。鍵を握るのはZEH(ゼッチ)だ。国も支援する最新の住宅をめぐって、マイホーム購入の本音座談会がスタート。
PRESENTED BY 積水ハウス
日経電子版「有料会員」と「無料会員」の違いは? 有料会員のみが使える便利機能「Myニュース」や専門家による解説コメントが読める「Think!」など、日経電子版の5つの特徴を紹介。情報過多の時代、自分に必要な情報だけを効率的に取捨選択することは、ビジネスパーソンにとって必須の課題。日経電子版を賢く活用してみては。
PRESENTED BY 日経電子版
SNS上でしばしば話題となり、共感を呼んでいるスライド資料。作成した慶應義塾大学の渡辺宙志准教授に聞きました
木製のスプーン、フォーク、ナイフ、マドラーと紙製のストローが導入。全国展開を目指しています。
ドーナツやパイ、マフィンの33商品を値上げすると発表しました。
「今回のコンテストは、地元の歴史や特産品を、クリエイティブで再現しているわけですよね。これは今後メタバースの世界で、地元をどうつくるのか考える時に活きてくると思います」
PRESENTED BY RethinkPROJECT
日本マクドナルドは「お客様にはご不便、ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます」とコメントしています。
日本アイ・ビー・エムがCOP26振り返りセミナーを開催。これからの日本企業に求められるアクションとは?オープンなテクノロジーとマインドセットが鍵に
PRESENTED BY 日本アイ・ビー・エム
デッドストックや規格外品が集まる蚤の市「PASS THE BATON MARKET」で、コクヨは廃棄衣料を使った文房具の販売や、ノートの端材を再生するワークショップを行った。
企業の倉庫に眠る、家具や雑貨、衣類たちが集まる蚤の市が、コクヨの新オフィス「THE CAMPUS」で開催された。
「日経電子版の料金は高いのか?」「ホントに必要? 無料版ではダメなの?」「ビジネスパーソンが日経電子版を使いこなすコツは?」大手コンサルティングファームの社員やスタートアップCEOが座談会に参加。日頃の情報収集術やインプットがビジネスに役立ったエピソード、日経電子版のコスパ、評判、活用方法などを話し合った。
PRESENTED BY 日経電子版
「シャネルのオートクチュール、私結構衝撃だったんですよ、本当にサステナブルじゃんって」「10年後に、これを見て、買ったって人がいてくれたら最高だよね」
PRESENTED BY MINI Japan
果たして商品化されるのか。「世界の名画コレクションとかやってほしい」の声も
日本では、メルカリやnoteなどが在宅勤務手当を支給しています。