歌川広重の傑作「東海道五十三次」は実は、53枚ではない(画像)

江戸時代中期に制作された、歌川(安藤)広重の傑作「東海道五十三次」。江戸から京都までの道のりにおける、53の宿場と行き交う人の様子を描いた浮世絵だ。
|

江戸時代後期に制作された、歌川(安藤)広重の傑作「東海道五十三次」。江戸から京都までの道のりにおける、53の宿場と行き交う人の様子を描いた浮世絵だ。シリーズは53枚かとおもいきや、そうではない。スタート地点の江戸、ゴールの京都を合わせて合計の枚数は55枚なのだ。そのすべてがこれだ。

江戸出立 日本橋

歌川広重「東海道五十三次」

ホームページへ