NEWS
2015年01月25日 19時31分 JST

ギリシャ総選挙、緊縮財政に反対する野党が大差の勝利

ギリシャで1月25日に行われた総選挙で、ギリシャのTV局の出口調査によると、財政緊縮政策に反対する最大野党の急進左翼進歩連合(Syriza)が大差で勝利を収めることが確実となった。

LOUISA GOULIAMAKI via Getty Images
Anti-austerity Syriza supporters celebrate after the first exit polls, as they gather at the Syriza election kiosk in Athens on January 25, 2015. Radical left-wing party Syriza appeared to be heading for a clear victory in Greece's election, exit polls showed, which would allow it to challenge the course of austerity in Europe. Syriza took between 35.5 percent and 39.5 percent of the vote, according to the polls, compared to between 23 percent and 27 percent for the conservative New Democracy party of incumbent Prime Minister Antonis Samaras. AFP PHOTO / LOUISA GOULIAMAKI (Photo credit should read LOUISA GOULIAMAKI/AFP/Getty Images)

ギリシャで1月25日に行われた総選挙で、ギリシャのTV局の出口調査によると、財政緊縮政策に反対する最大野党の急進左翼進歩連合(Syriza)が大差で勝利を収めることが確実となった。AP通信が報じた。

ロイターによると、Syrizaは35.5〜39.5%の得票率を獲得する見通しで、 アントニス・サマラス首相率いる新民主主義(ND)の23〜27%を引き離している。BBCによると、ギリシャ議会の300議席のうち、Syrizaは過半数の149〜151議席を占めるとみられる。

総選挙の結果、Syrizaのアレクシス・ツィプラス党首が首相となる見通し。ツィプラス氏はEUと国際通貨基金(IMF)が求める財政緊縮策に反対するユーロ圏で最初の首脳となる。

ギリシャでは2009年10月に政権交代し、全ギリシャ社会主義運動(PASOK)のアンドレオス・ババンドレウ政権が発足したが、2010年1月に前政権の新民主主義(ND)による巨額の財政赤字の隠蔽が発覚し、ギリシャ国債が暴落、金融危機が高まった。

ギリシャ政府は財政再建策を発表したが、欧州委員会、IMF、欧州中央銀行の3機関(トロイカ)による融資の条件は厳しく、公務員給与の削減、年金のカット、増税、民営化などを伴ったため、これに反対する労働組合や公務員のストライキが頻発し、政情不安に拍車がかかった。

NHKによると、Syrizaのツィプラス党首はEUに対して債務の削減を求め、公務員の再雇用を公約に掲げるなど緊縮財政に反対する意向を明確にしており、今後、EU各国の支援協議が難航して金融市場が混乱する可能性もある。

Photo gallery ギリシャ総選挙 See Gallery

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています