NEWS
2015年03月15日 23時36分 JST

曽野綾子さんコラム問題は、南アフリカでどう思われているのか

2月11日付の産経新聞に掲載された曽野綾子さんのコラムが、「アパルトヘイトを許容している」と批判されたことについて、南アフリカの人はどのように思っているのか――。朝日新聞特派員が取材した。

The Huffington Post

2月11日付の産経新聞に掲載された曽野綾子さんのコラムが、「アパルトヘイトを許容している」と批判されたことについて、南アフリカの人はどのように思っているのか――。

曽野さんはコラムで、日本の労働人口が減少している問題について触れ、移民を受け入れたほうが良い、とした上で、

もう20〜30年も前に南アフリカ共和国の実情を知って以来、私は、居住区だけは、白人、アジア人、黒人というふうに分けて住む方がいい、と思うようになった。

(産経新聞 2015/02/11付 7面)

と住居の隔離とも取られかねない主張を展開。海外メディアから批判を受けたほか、日本アフリカ協議会からコラムの撤回を求められていた

この問題について、朝日新聞のアフリカ特派員・三浦英之記者が、記事をめぐる反応を南アフリカで取材。ツイートに詳細に記録している。