NEWS

プーチン大統領、10日ぶりに姿見せる 「ゴシップのない人生退屈」

[ストレルナ(ロシア) 16日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は16日、サンクトペテルブルク郊外でキルギスのアタムバエフ大統領と会談し、報道陣の前に10日ぶりに姿を見せた。
Reuters

[ストレルナ(ロシア) 16日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は16日、サンクトペテルブルク郊外でキルギスのアタムバエフ大統領と会談し、報道陣の前に10日ぶりに姿を見せた。

今月5日以来、公の場に姿を現さず、テレビ出演もなかったことから、その理由をめぐり、死亡説や失脚説のほか、かねてから大統領の恋人とうわさされる新体操の元オリンピック選手、アリーナ・カバエワさんの出産に立ち会うためスイスを訪れているとするものに至るまで、さまざまな憶測が飛び交っていた。

この日、報道陣の前に姿を現したプーチン大統領は若干顔色が悪いように見えたもののリラックスした様子で、「(人生に)ゴシップがないと退屈だろう」と語った。

プーチン大統領が姿を消していた間、ペスコフ大統領報道官をはじめ当局者は大統領は通常通りに執務をこなしていると述べ、体調不良説を否定していた。

関連記事

半裸で騎乗するプーチン・ロシア首相

プーチン大統領の活躍

Popular in the Community