NEWS
2015年08月24日 19時00分 JST | 更新 2015年08月24日 20時51分 JST

銀河系の中心にあるブラックホールを見てみたくないかい?(画像)

ESA/XMM-NEWTON/G. PONTI ET AL. 2015

photo

天の川銀河の中央、ESAのXMM-NewtonでX線撮影

天文学者が初めて天の川銀河の中心のブラックホールの X 線写真を撮影した。

この天の川銀河のブラックホールが撮影されたのは初めてで、銀河系の中心がかなり激しく動いている場所だとわかる。欧州宇宙機関の X 線人工衛星 XMM-Newtonで撮影された画像(上)は、銀河系の中心から1000光年の範囲に広がっている。死にかけている星や、強力な風、高熱のガス、特に超大質量ブラックホールが写っている。

いて座A*と呼ばれる銀河系のブラックホールとその周りの放出物は、画像の中心の一番明るい場所に写っている。

ブラックホールは発光しない。しかし、天の川銀河の中心にあるいて座A*を囲む物体がブラックホールに強い引力で引き付けられているため、X線を含むあらゆる波長の光が相互に排出される。

photo

この拡大図は、銀河系の激しいコア部分である中心部100光年を写している。

この拡大図は、銀河系の中心核100光年を写している。こちらは、軟X線のみが写されている。画像を分析した後、マックス・プランク地球外物理学研究所の国際天文学者チームは、銀河系の中心核がドラマチックな場所というだけでなく、銀河系の中心は、いて座A*が影響を及ぼしているのではないかと結論づけた。

このブラックホールは非常に大きく、太陽の数百万倍の質量がある。銀河系の中心をとらえた新しい画像は、天の川銀河やブラックホールがどのように発達したのか、重要な見識が得られるかもしれない。

この新しい画像に関する論文は、2015年8月19日王立天文学会の月間報告「マンスリー・ノーティス・オブ・ロイヤル・アストロノミカル・ソサエティ」で公開された。

美しい宇宙写真集

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

2015-08-24-1440409060-9761820-oHUBBLEUV900.jpg

ハッブル望遠鏡の「史上最高にカラフルな宇宙写真」














2015-08-24-1440409167-6556729-oHARRISON900.jpg

人類初の宇宙「自撮り」、月面着陸の瞬間...NASAの未公開写真がオークションに【画像】












2015-08-24-1440409272-1372159-slide_354497_3874419_free.jpg

宇宙から見た人間の営みは、ほとんどアートと区別が付かない【画像】











ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png