NEWS
2015年09月06日 01時18分 JST

溺死幼児の父「ライフジャケットが買えなかった」【移民問題】

Abdullah Kurdi, 40, father of Syrian boys Aylan, 3, and Galip, 5, who were washed up drowned on a beach near Turkish resort of Bodrum on Wednesday, waits for the delivery of their bodies outside a morgue in Mugla, Turkey, Thursday, Sept. 3, 2015.(AP Photo/Mehmet Can Meral)
ASSOCIATED PRESS
Abdullah Kurdi, 40, father of Syrian boys Aylan, 3, and Galip, 5, who were washed up drowned on a beach near Turkish resort of Bodrum on Wednesday, waits for the delivery of their bodies outside a morgue in Mugla, Turkey, Thursday, Sept. 3, 2015.(AP Photo/Mehmet Can Meral)

トルコの海岸に打ち上げられたシリア難民の3歳の男の子の父親が9月3日、ハフポストアラビア版に事故について語った。息子の遺体を確認すると、「できることなら、代わってやりたい」と、肩を落としたという。

男性は36歳のアブダラ・クルディさん。3歳アラン君と5歳のガリプ君、そして35歳の妻・リハンさんとともに、トルコのボドルムからギリシャのコス島へ、ボートで逃れようとしていたシリア系クルド人だ。しかしボートは2日の未明に沈んでしまい、アラン君とガリプ君、リハンさんは溺死。アブダラさんが一人だけ残された。その時のことを、アブダラさんは次のように話した。

「丸1時間、私たちはボートに捕まっていました。息子2人も生きていたんです。ところが大波に襲われて、長男が手からすり抜けてしまいました。次男を抱えていなくてはいけなかったのです。その次男も、溺れてしまって…。妻を探したのですが、彼女も溺れていました」

syria

アイラン君の遺体を運ぶトルコ国家憲兵

さらに、アブダラさんは続ける。

「逃げるための費用を工面することは、簡単ではありませんでした。ライフジャケットの費用は、確保できませんでした」

ボートによる脱出は、たくさんの危険を伴う。沈没のリスクはもちろん、すし詰めの乗客、壊れかけのエンジン、暗闇に厳しい天候など、挙げればきりがない。さらに、覆面の集団も、これらのボートを狙っているのだ

カナダのバンクーバーに住むアブダラさんの姉も、クルディ一家がなんとか危険な旅をしなくてもすむよう動いていた。カナダの避難所への難民申請も行ったが認められず、アブダラさんの一家はボートで逃げるしかなかった。

abdullah kurdi

遺体安置所の外で、家族の遺体の引き渡しを待つアブダラさん(2015年9月3日 トルコのムーラ県で撮影)

アブダラさんは今後、IS(イスラム国)の脅威が続いているシリアのコバニに戻りたいと考えている。自宅のあった場所に、家族3人の亡骸を埋葬したいのだとアブダラさんは話した。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳・編集しました。

Photo galleryコス島にたどり着いたこれまでの避難民たち See Gallery

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png