NEWS
2015年11月11日 02時14分 JST

50枚の写真で振り返る、国際宇宙ステーションの15年間(画像)

2000年に最初の宇宙飛行士が移り住んでから、17カ国の220人が滞在してきた。

Getty Images

人類の宇宙連続滞在記録が、11月2日で15年を記録した。長期間の滞在が成功したのは、アメリカ航空宇宙局(NASA)と国際宇宙ステーション (ISS) の努力の賜物だ。最初の宇宙飛行士がISSに移り住んだのは2000年11月。それから今日までの間、17カ国を代表する計220人の宇宙飛行士がISSを訪れた。最も多くの宇宙飛行士を送り出したのはアメリカとロシアで、そこにカナダと日本が続く。最初は部屋は3つしかなかったが、今は13部屋にまで増え、重量は100万ポンド(約45万キロ)にもなる。

これまでに、1700を超える実験と189回の船外活動が行われたとNASAが発表している。ISSの建設が始まったのは1998年で、NASAは2024年まで稼働させる意向だ。チャールズ・ボールデンNASA長官は「17の国から集まった人々が共通の目的に向かって力を合わせれば、これだけのことを達成できる、とISSは教えてくれました」と述べている。

15年の歴史を振り返る、50枚の写真をご紹介しよう。

Photo gallery 国際宇宙ステーションの15年 See Gallery

この記事はハフポストUK版に掲載されたものを翻訳しました。

Photo gallery 国際宇宙ステーション、船外活動の様子 See Gallery