NEWS
2018年04月23日 10時52分 JST | 更新 2018年04月23日 11時23分 JST

エンゼルスの大谷翔平、初の4番打者でヒットを放つ。二刀流の「進化」が止まらない

体勢を崩されながらも右手1本でライト前に運んだ

時事通信社
6回、体勢を崩されながらも右前に安打を放つ大谷翔平選手=4月22日、アメリカ・アナハイム

大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手が4月22日(日本時間23日)、本拠地カリフォルニア州アナハイムであったジャイアンツ戦に4番・指名打者で先発出場し、第3打席にヒットを放った。

試合は4-2でジャイアンツが勝ったが、投手と打者の「二刀流」で話題となっている大谷が、打線の要である4番で結果を出したとあって大谷フィーバーが加速しそうだ。

大谷はこれまで、10試合で指名打者として先発し、6番が最も上位の打順だった。だが、3戦連続本塁打や複数回のマルチ安打など結果を出し続けていたことや、不動の4番打者が休養でスタメンを外れたことから、エンゼルス首脳陣は大谷を初の中軸(3、4、5番)に抜擢した。

サンスポによると、ソーシア監督は「打席でも落ち着いているし、大リーグの投手にも慣れてきている」と4番起用の理由を語った。

日刊スポーツによると、大谷は第3打席、6回ワンアウト、一、二塁の場面で相手先発の右腕クエトにカウント2-2と追い込まれたが、135キロのチェンジアップを体勢を崩しながら右手1本でライト前に運んだ。

Jayne Kamin-Oncea via Getty Images
6回にヒットを放つ大谷

第1、第2打席はいずれもチェンジアップで空振り三振。第4打席は4番手の左腕ワトソンの内角球を引っかけて遊ゴロに倒れたが、一塁到達タイムが3秒81と走力を見せつけた。

USA Today Sports / Reuters
6回に右前安打で出塁後、後続打者の攻撃で二塁ベースにスライディングする大谷

大谷は北海道日本ハムファイターズに所属していたころも9試合で4番打者を務め、37打数13安打、打率3割5分1厘と好成績を残している。

Getty Images
ベンチで自身の打席を待つ大谷

大谷は24日(日本時間25日)のアストロズ戦に先発する予定。

Jayne Kamin-Oncea via Getty Images
ベンチで顔をしかめる大谷