NEWS
2018年05月01日 21時21分 JST | 更新 2018年05月02日 10時30分 JST

《はしか》18歳で感染した女性「本気で命の危険を感じた」 体験マンガに反響

墨田しろさん「より身近な問題として考えて欲しい」と訴える

沖縄県で猛威をふるっている麻疹(はしか)。大人になってから発症すると重症化しやすいとされ、注意が必要だ。

18歳のときに感染したことがある女性が、自身の壮絶な体験を4ページのマンガにして4月30日、Twitterに投稿した。40度の熱が出て隔離入院。喉にも発疹ができて、飲食もできなくなり「本気で命の危険を感じた」と振り返った。

このマンガは、計4万5000回以上もRTされるなど、反響を呼んでいる。

Twitter/sumidashi6

Twitter/sumidashi6

Twitter/sumidashi6

Twitter/sumidashi6

■「より身近な問題として考えて欲しい」とマンガに

この漫画を投稿したWebエンジニアで主婦の墨田しろさんに5月1日、メール取材した。以下はそのやり取りだ。

----- 今回の漫画を描いたきっかけは?

沖縄でのはしかの流行が各地に広がりだし、GWに差し掛かる事で被害が拡大する恐れを抱きました。経験談を漫画にする事により、より身近な問題として考えて欲しいと思いました。

----- 読者の方に一番強く訴えたいことは何でしょうか?

はしかにかかる事がよくわかっていない方に、はしかの恐ろしさを知って欲しいことです。

----- 計4万5000回以上もRTされてますね。

RTして下さるのをとてもありがたく感じております。ありがとうございます。はしかへ感染する方が、一人でも減る事を望んでいます。