NEWS
2018年06月19日 21時13分 JST | 更新 2018年06月19日 21時38分 JST

香川真司がPK決める。対コロンビア、前半6分で先制(ワールドカップ)

相手選手がハンドしました。

Soccer Football - World Cup - Group H - Colombia vs Japan - Mordovia Arena, Saransk, Russia - June 19, 2018   Japan's Shinji Kagawa celebrates scoring their first goal     REUTERS/Damir Sagolj
Damir Sagolj / Reuters
Soccer Football - World Cup - Group H - Colombia vs Japan - Mordovia Arena, Saransk, Russia - June 19, 2018 Japan's Shinji Kagawa celebrates scoring their first goal REUTERS/Damir Sagolj

6月19日に開かれたサッカー・ワールドカップ(W杯)のロシア大会の日本対コロンビア戦で、日本代表がペナルティーキックで先制した。前半3分ごろ、ペナルティーエリア内で相手選手がハンドしPKを獲得。キッカーの香川真司が前半6分にゴールを決めた。