WORLD
2018年06月22日 15時05分 JST | 更新 2018年06月22日 20時38分 JST

ネイマールが復調の兆し。ワールドカップ(6月22日)の対戦カードと放送時間

アルゼンチンと引き分けたアイスランドも登場する

スイスと対戦したブラジルのネイマール=6月17日、ロシア・ロストフナダヌー
Damir Sagolj / Reuters
スイスと対戦したブラジルのネイマール=6月17日、ロシア・ロストフナダヌー

サッカー・ワールドカップ(W杯)のロシア大会は6月22日夜、1次リーグ3試合が予定されている。試合の開始時間(日本時間)と日本で生中継するテレビ局は以下の通り。国名のあとのかっこ内の数字は、 FIFA(国際サッカー連盟)の順位。

E組 ブラジル(2位)対コスタリカ(23位)

【試合開始】午後9時

【場所】サンクトペテルブルク

【生中継】テレビ朝日系

【見どころ】ブラジルは、足首の違和感を訴えていたエースストライカーのネイマールが調子を上げており、先発が予想される。スイスと対戦した前の試合では、チーム全体としてシュート数は多かったものの、奪ったのは1点止まり。シュートの精度を高められるかがかぎだ。前回大会でベスト8入りしたコスタリカは、カウンターで一気にゴールを狙うのが得意。レアル・マドリードの守護神ナバスがGKを務めるなど守備も堅い。

Jason Cairnduff / Reuters
スイスと対戦し、転倒するブラジルのネイマール(右)=6月17日、ロシア・ロストフナダヌー

D組 ナイジェリア(48位)対アイスランド(22位)

【試合開始】23日午前0時

【場所】ボルゴグラード

【生中継】NHK総合

【見どころ】アフリカの雄ナイジェリアは、選手たちの身体能力は高く、運動量が豊富。勢いに乗れば爆発力のあるチームだ。アイスランドは前の試合で優勝候補の1つ、アルゼンチンと引き分けるなど、堅実なプレーを発揮した。相手に選手たちの豊富な運動量と当たり負けしないフィジカル面の強さが武器。

Lucy Nicholson / Reuters
クロアチアと対戦したナイジェリアのモーゼス(左)=6月16日、ロシア・カリーニングラード

E組 セルビア(34位)対スイス(6位)

【試合開始】23日午前3時

【場所】カリーニングラード

【生中継】NHK総合

【見どころ】長身ぞろいのセルビアにあって一際目を引くのが、MFミリンコビッチ・サビッチだ。身体能力が高く、個人技に優れているほか、視野が広く、チャンスメイクする力もある。スイスは前の試合で強豪ブラジルと引き分け、波に乗る。選手の多くがドイツリーグでプレーするなど、抜群の安定感。MFジャカを中心にボールを回し、右サイドからMFシャキリが切り込む得意のパターンを決めたい。

Damir Sagolj / Reuters
ブラジルのネイマール(左から2人目)を抑えるスイスのジャカ(左)=6月17日、ロシア・ロストフナダヌー