WORLD
2018年06月25日 17時48分 JST | 更新 2018年06月25日 17時48分 JST

メッシの等身大バースデーケーキが爆誕。これを食べて覚醒するんだ

世界最高のストライカーは今大会、無得点の不調

メッシの等身大バースデーケーキをつくるパティシエ(右)=6月23日、モスクワ
Tatyana Makeyeva / Reuters
メッシの等身大バースデーケーキをつくるパティシエ(右)=6月23日、モスクワ

サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場しているアルゼンチンのリオネル・メッシが6月24日、31歳の誕生日を迎え、地元ロシア人のパティシエたちが等身大のバースデーケーキを作った。

Tatyana Makeyeva / Reuters

史上最高のストライカーとも言われるメッシ率いるアルゼンチンは今大会、優勝候補の1つと言われていたが、0勝1敗1引き分けとグループDの中で最下位。決勝トーナメント進出が危ぶまれている。

メッシ自身、ここまで得点がなく、サポーターらから批判が高まるなど、苦しい立場に立たされている。

そんなメッシを元気づけようと、モスクワのパティシエたちがバースデーケーキを制作した。

メッシの等身大チョコレートケーキで、ロシアの新聞「コムソモリスカヤ・プラウダ」によると重さは60キロ。実際のメッシの体重より12キロほど軽いというが、アルゼンチンの代表ユニフォームを着た姿のメッシをつくりあげた。

Mikhail Metzel/TASS
メッシの等身大バースデーケーキを食べるため、ナイフで切る子ども=6月24日、モスクワ郊外ブロンイツィ

Mikhail Metzel/TASS
ケーキを食べる子どもたち

アルゼンチンの選手たちは現在、モスクワの南東約50キロのまちブロンニツィで調整しており、ケーキはそこに届けられた。ロイター通信によると、制作グループのリーダー、マリーナ・マルキナさんは「メッシに『メッシ』をプレゼントします」とうれしそうに話したという。

ケーキはブロンニツィで披露された後、地元の人たちが「縁起物」として食べた。当のメッシが食べたかどうかは不明だが、きっとパティシエたちの気持ちは伝わっただろう。アルゼンチンは6月26日、1次リーグ最後の相手、ナイジェリアとの一戦に臨む。