NEWS
2018年09月04日 18時03分 JST | 更新 2018年09月04日 18時03分 JST

違法な公道レースの悲劇 婚約者と後部座席に乗っていた妊娠8カ月の女性が事故死

2人は、出産前に妊婦を祝う「ベビーシャワー」を終えたばかりだったという

アリアナ=ルビー・ルナさん
GoFundMe
アリアナ=ルビー・ルナさん

アメリカ・カリフォルニア州の高速道路で行われていた違法な公道レースに関連する死亡事故が起きた。米CBSニュースによると8月31日、レースをしていた3台のうち1台がコントロールを失って中央分離帯に衝突。ガードレールやコンクリートの壁にぶつかり、裏返しになって、運転手ら4人が死亡、1人が重傷を負った。

亡くなった人たちの中には、20歳の妊婦アリアナ=ルビー・ルナさんと、その婚約者バレンチノ=ミゲル・ラモスさんも含まれていた。

死亡が確認されたのは運転席と助手席に座っていた2人、そして後部席に座っていたルナさんとラモスさんだ。

ABCニュース』によれば、レースを行なっていた他2台の車は現場から逃走し、警察が行方を追っている。

GoFundMe
婚約者のラモスさん(左)とルナさん(右)

ルナさんの遺族は、葬儀費用の支援を集めるために、『GoFundMe』でクラウドファンディングを立ち上げた。その説明によると、ルナさんは第一子を妊娠しており、8カ月目だった。

ルナさんとラモスさんは、出産前に妊婦を祝うパーティーのベビーシャワーを終えたばかりだったという。2人は10月に控えた出産を待ち遠しくしており、結婚のために貯金していたと遺族は『CBSニュース』に話した。