BLOG
2016年11月04日 19時00分 JST | 更新 2016年11月04日 19時25分 JST

リトアニアの風景写真を見たら、バルト諸国に行かずにはいられない

リトアニア共和国の首都ヴィリニュスは、世界中の若い旅行者の人気スポットとなっています。

リトアニア共和国の首都ヴィリニュスは、世界中の若い旅行者の人気スポットとなっています。ヴュリニュスの旧市街はユネスコの世界遺産として登録されています。

外国からの投資によって建てられた高層ビルは、中世のゴシック調の建物と並んでいます。

気球はヴィリニュスの一般的なアトラクションで、旧市街の最高の景色が見れます。

上から見下ろしたら、次は地上の美しい景色も見てみましょう。まるでおとぎ話に出てくるような素晴らしい場面が、気球から降りたら見られます。

冷戦後に旧ソ連軍によって放置されたプロクスティンミサイル基地(The Plokštinė missile base)は、現在は博物館として一般公開され、大量破壊兵器が保管された場所が見られます。そこで保管されたミサイルは、リトアニア共和国を破壊できるほど強力な兵器でした。

リトアニア北部にあるシャウレイの郊外に、人々は十字架やマリア像を持ってきます。シャウレイ出身の私のガイドさんによると、人々が十字架を持ち寄る理由は明らかになっていないようですが、1831年の暴動後に始まったようです。

このパスポートは、杉浦千畝さんにより、ユダヤ人のためにビザが発給されました。杉浦さんは第二次世界大戦中、リトアニアで領事館に外交官として赴任していました。彼は、ヨーロッパから日本へのビザを発給することにより、6000人以上のユダヤ人の命を救いました。日本政府は、その事実を知った時、彼を呼び戻しましたが、彼は電車の駅でもユダヤ人に対してビザを発給したそうです。彼の家と働いていた領事館は現在、博物館となっています。

ヴィリニュスの奥には、ベラルーシの原子力発電所が見えます。ロスアトムという、ロシアの連邦原子力庁によって、建てられました。首都からおよそ32キロの距離にあるこの発電所は、リトアニア人の不安の種となっています。計画が進んでから、すでに4回の未確認の事故が起こり、万一発電所に重大な事故が起こった場合は、ヴィリニュスの市民全員が避難しなくてはいけません。冷却塔は完成間近で、発電所自体は2018年までに稼働するそうです。