ritoania

北欧では1年で最も一番長く太陽の光を浴びられる夏至は、外でピクニックをしたり、屋外音楽祭を楽しんだりするという。北欧や日本のミュージシャンによる「北欧の音楽ピクニック」がYouTubeで配信される。
今年のゴールデンウィークは「心に翼を」。世界の料理を試したり、各国の人や自然や街並みがあふれるページをめくって次の旅行までの待ち時間を楽しんでみませんか。
クイズ番組の問題で、国の位置が間違っていたのを指摘しました。
無断駐車や違法駐車に悩まされるのは万国共通だが、バルト海に面したリトアニアでの対抗策はひと味違う。
EUはフェイクニュースを深刻な脅威と考えている。
西欧諸国の片隅にある小さなヨーロッパのある国は、自国が次のチェルノブイリ原発事故クラスの災害の途上にあると考えている。
日本では年間約1億羽のオスの雛がその場で処分されている計算です。
リトアニア共和国の首都ヴィリニュスは、世界中の若い旅行者の人気スポットとなっています。
旧ソ連の支配下にあったエストニア、ラトビア、リトアニアのバルト3国は、自分たちが次の地政学的な火種として浮上する可能性を危惧している。
フランスがロシアに対し、最新鋭のミストラル級強襲揚陸艦2隻を売却しようとして引き起こした騒ぎは、欧州連合(EU)各国や米国の目に、典型的な「フランス的例外」と映る。何より、ウクライナ東部の親ロ派武装勢力への支援をやめないロシアに対し、欧米各国に日本も加わって制裁を強めているさなかである。ロシア以外どの国にも支持されない行為だが、すでに売却代金を受け取ってしまったフランスは、10月に予定されている1隻目の引き渡しを強行する構えだ。そして、 遠い欧州の内紛だと眺めていたら、どうやら日本も無縁でないようなのである。