profile image

Tetsuo Shibata

柴田哲雄 愛知学院大学准教授(歴史学)

愛知学院大学教養部准教授。1969年生まれ。中国上海市の華東師範大学法政系留学を経て、2001年3月京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程単位取得退学。2003年5月博士学位取得。2010年4月から2011年3月までコロンビア大学東アジア研究所客員研究員を務めた。主著に『協力・抵抗・沈黙―汪精衛南京政府のイデオロギーに対する比較史的アプローチ』(成文堂、2009年)、『中国民主化・民族運動の現在―海外諸団体の動向』(集広舎、2011年)、『習近平の政治思想形成』(彩流社、2016年)、共編著に『中国と博覧会―中国2010年上海万国博覧会に至る道(第二版)』(成文堂、2015年)。現在は『福島原発事故被災地における四人の抵抗者:半谷清寿・平田良衛・鈴木安蔵・岩本忠夫(仮題)』の出版を準備中。
7回目の3・11を迎えて:フクシマにおける「抵抗」の精神の発掘の意義について考える AOL

7回目の3・11を迎えて:フクシマにおける「抵抗」の精神の発掘の意義について考える

​​​​​​​ 進行する無関心化 もうすぐまた3月11日がやってくる。 原発事故につらなる東日本大震災の7周年の日であるが、筆者が住んでいる名古屋では、3月11日というと、当日行なわれる名古屋ウィメンズマラソンのほうに注目が集まっている。 原発事故はいまだに収束したとはいえず、被災した人々(特に小児甲状腺がんを患っている、あるいはその可能性がある子どもたちやその家族)は苦しみの声さえ上げられない...
2018年03月01日 10時12分 JST
追悼 劉暁波氏 Barcroft Media via Getty Images

追悼 劉暁波氏

劉暁波氏の民主化運動への最大の功績は、やはり「〇八憲章」の事実上のとりまとめ役になったことでしょう。ただ「〇八憲章」にも限界があります。
2017年07月19日 23時33分 JST