缶ビール、一斉値上げ。人気商品の価格はどうなる?

一番搾り、スーパードライ、黒ラベル、プレモルが10月1日から値上げ。新しいお値段を調べてみました。
|
値上げされるビール。写真左からキリンビールの「一番搾り」、アサヒビールの「スーパードライ」、サッポロビールの「黒ラベル」、サントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」[各社提供]
値上げされるビール。写真左からキリンビールの「一番搾り」、アサヒビールの「スーパードライ」、サッポロビールの「黒ラベル」、サントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」[各社提供]
時事通信社

キリンビール、アサヒビール、サッポロビール、サントリーの国内ビール大手4社が10月1日から、缶ビールなどの商品を値上げする。

原材料の大麦の価格上昇や物流費の高騰が主な理由で、時事通信によると各社とも缶ビールの値上げは約14年ぶり。

ビールが美味しい季節だが、家計を直撃する物価上昇の波に缶ビールもさからえなかった。9月末には値上がり前の「駆け込み需要」でビールを買い込む人が増えているという。

■各社の主力商品の10月1日からの値段

東京新聞の報道によると、ビール4社の主力商品の350ml缶の税込み価格は、以下のようになる。いずれも1割前後の値上げとなる。

・一番搾り(キリンビール)220円程度⇒233〜249円

・スーパードライ(アサヒビール)219円前後⇒230〜240円程度

・黒ラベル(サッポロビール)217円前後⇒230〜240円

・ザ・プレミアム・モルツ(サントリー) 258円⇒275円