新型コロナウイルス感染症(COVID-19)
2020年04月16日 19時44分 JST

「感染症を巡るネガティブな対日認識を払拭するため」 新型コロナ緊急経済対策に、ネット対策盛り込む

外務省所管分に「我が国の状況や取組に関する情報発信の拡充」として24億円が盛り込まれている【新型コロナウイルス】

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府が4月7日に閣議決定した「緊急経済対策」の中に、「感染症を巡るネガティブな対日認識を払拭するため」の予算が盛り込まれていることを、海外メディアなどが報じている。

緊急経済対策の「情報発信の充実」の項目の中で、「ソーシャルメディア等を通じた我が国の対応についての国外向け情報発信の強化(外務省) 」をすると説明している。

外務省公式サイトで公表されている同省所管分の緊急経済対策(合計1028億円)の詳細の中に、「我が国の状況や取組に関する情報発信の拡充」として24億円が計上されている。

この取り組みについて、以下のように説明している。

「感染症を巡るネガティブな対日認識を払拭するため、外務本省及び在外公館において、SNS等インターネットを通じ、我が国の状況や取組に係る情報発信を拡充」

 

AIを使って?

毎日新聞の報道によると、海外からのSNS投稿をAI(人工知能)などで調査・分析したうえで、「誤った情報」に反論するなどの取り組みだという。