WORLD
2021年11月22日 13時43分 JST

世界の環境、警鐘を鳴らす写真がこれだ。『環境写真家オブザイヤー』受賞作一覧

この写真を見て、あなたは何を感じますか?

イギリスのグラスゴーで開催された国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)で11月8日、2021年環境写真家オブザイヤー(Environmental Photographer Of The Year)の受賞者が発表された。

環境写真家オブザイヤーは、イギリスの水環境管理協会(CIWEM: Chartered Institute of Water and Environmental Management)と環境動画の配信プラットフォームWaterwearが主催する、国際的な環境写真コンテスト。今年は120の国から7000枚以上の応募があった。

世界中から寄せられた写真はどれも印象深く、現在私たちが直面している環境問題に警鐘を鳴らし、持続可能な生活の必要性を呼びかけている。

2021年の最優秀賞はスペインのアントニオ・アラゴン・レヌンシオさんの『The Rising Tide Sons』が受賞。写真は西アフリカのトーゴ共和国で撮影され、海岸侵食により破壊された自宅で寝ている少年が写っている。西アフリカでは海面上昇が深刻化しており、すでに何千人もの住民が避難しているという。

 

・環境写真家オブザイヤー 最優秀賞
The Rising Tide Son, Antonio Aragon Renuncio, 2019

The Rising Tide Sons, Antonio Aragon Renuncio, 2019
西アフリカのトーゴ共和国で撮影され、海岸侵食により破壊された自宅で寝ている少年が写っている。

その他、各カテゴリーの受賞作品がこちら⬇️

・ヤング環境写真家オブザイヤー賞
Inferno, Amaan Ali, 2021

Inferno, Amaan Ali, 2021
インド・ニューデリーで、少年が自宅近辺の森林火災と戦っている。

・未来の環境賞

Flood, Michele Lapini, 2020

Flood, Michele Lapini, 2020
大雨と雪どけにより、イタリアのパーナロ川が洪水し、家が沈んでいる。

・サステナブルシティ賞

Net-Zero transition - Photobioreactor, Simone Tramonte, 2020

Net-Zero transition - Photobioreactor, Simone Tramonte, 2020
アイスランドにあるフォトバイオリアクター(微細藻類培養設備)。持続可能なアスタキサンチンが生産できるという。アイスランドは化石燃料から脱却し、100%再生可能なエネルギーに切り替えたという。

・気候アクション賞 

The Last breath, Kevin Ochieng Onyango, 2021

The Last breath, Kevin Ochieng Onyango, 2021
少年が砂嵐の中、植物からの酸素を吸入している(ケニア)。これからの変化をアート的に表現している。

・水と安全賞

Green barrier, Sandipani Chattopadhyay, 2021

Green barrier, Sandipani Chattopadhyay, 2021
不規則なモンスーンと干ばつにより、インドのダーモーダル川の藻が異常発生している。それにより、水中に光が届かず、水面下の生物による酸素吸収が阻止され、地域に住む人間の健康や居住地を脅かしている。

・レジリエンス賞

Survive for alive, Ashraful Islam, 2021

Survive for alive, Ashraful Islam, 2021
乾いてひび割れた土に、草を探す羊の群れ。バングラデシュの極度な干ばつは、全ての生き物に困難を強いている。