COP26

BLACKPINKが気候変動対策を呼びかけました。コメント全文を日本語で紹介します。
COP26の現場に入っている「Fridays For Future(FFF)Japan」のメンバーたちが、現地で出会った各国の若いアクティビストを直撃取材。日本へのメッセージを聞きました。
環境問題にも積極的に取り組んでいます。
11月7日放送の『サンデーモーニング』での発言。司会の関口宏さんは「選挙でも気候の問題とか温暖化の問題がそんなに大きなテーマにはならなかった」と振り返っていました。
気候変動対策を話し合うCOP26で、不名誉な「化石賞」を受賞した日本。批判された石炭火力発電などの方針を定めた第6次エネルギー基本計画の決定に、国民の声は届いているのか。
BLACKPINKはCOP26広報大使を務めています。
リポーターを擁護すると、アメリカのジョー・バイデン大統領は、COP26参加のためにエディンバラ経由で現地入りしている。
化石賞は温暖化など地球環境対策に後ろ向きと認められた国が選ばれる不名誉な賞。岸田首相の演説で前回に続いて“受賞”してしまった。
日本時間11月2日午前11時の時点で、世界中から127万超の署名が寄せられています。
イギリスのグラスゴーで10月31日、気候変動対策を話し合う国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)が開幕します。
東京・渋谷のスクランブル交差点に登場したのは、「ヒアリ」からの手紙だ。
まるで映画『ジュラシック・パーク』のように現代に蘇った恐竜は何を訴えたのか。
エリザベス女王やウィリアム王子の発言が注目を集めています。