kaigai

長野県軽井沢町に2014年に誕生した、社会を変革する若者を育成する学校「UWC ISAK」。ファウンダーの一人で代表理事の小林りんさんが語った「最初の一歩」の踏み出し方。
「鳥が顔に飛んできた!鳥が顔に飛んできた!」少女の首に、鳥がすっぽりとはまりました。
「友だち同士では楽しい話かもしれませんが、救急隊員の時間を奪うのは深刻なことです」
顔は隠して出演していたが、特徴的なあの部分を隠せていなかったようだ。
ベトナム・ハノイで起こった緊迫の瞬間は動画に収められ、SNSで拡散されました。見ているだけで怖い。
2021年、日々変化する「新しい生活様式」。まちづくりの視点から、考えてみました。
PRESENTED BY UR都市機構
日本政府の対応と、各国はどう違うのか?
海外に出て行かないことによって、日本が貧しくなっていることに気づかない若者は、まさに「井の中の蛙」となってしまう。