ルームフレグランスおすすめ23選。おしゃれなアロマディフューザー、プチプラから人気ブランドまで

おうち時間が増えた今、女性にも男性にもおすすめしたいのがルームフレグランス。プレゼントにもおすすめの高級ブランドから、安い価格で手に入るプチプラブランド、手作りの方法まで紹介します。玄関や寝室に飾るだけでかわいくておしゃれなアロマディフューザーや、メンズにも合うフレグランスなどをまとめました。

おうち時間が増え、部屋をより快適にしたい人が増えている今。空間を演出するアイテムのひとつ、「ルームフレグランス」にも人気が高まっています。リモートワーク時間は集中、仕事後はリラックスなど、香りによって部屋の雰囲気を変えることで、よりメリハリのある生活を過ごすこともできそうです。

ルームフレグランスとは?

ルームフレグランスの種類

部屋の雰囲気を一気に華やかにする、ルームフレグランス。その種類は、ルームスプレーやアロマディフューザー、スティックタイプ、キャンドルなど多岐に渡ります。まずは、それぞれのタイプの特徴を紹介します。

リードディフューザー

アロマオイルが入った容器に、リードと言われるスティック型の木を挿して使用します。リードの素材は木以外にも、葦や籐(ラタン)などもあります。リードが液体を吸い込むことで、部屋中に香りが広がり、残ったアロマの量もわかりやすいのが特徴です。

また、火や電気を使わないため置く場所を選ばず、手軽に使うことができます。香りの強さは挿し込むリードの本数によって調整できるので、香りが強すぎる/弱すぎる時には本数を変えてみてください。

ルームスプレー

ルームスプレーは、ミストタイプのアロマを吹きかけて使います。香りの持続力は弱いものの、ソファやカーテン、枕など香りを楽しみたい所にピンポイントでスプレーできるので、気軽に好きな香りを楽しめます。

アロマディフューザーやアロマキャンドルと併用する使い方もおすすめです。

アロマキャンドル

アロマが練り込まれたキャンドルに火を灯して使います。手のひらサイズや大容量サイズ、すすの出にくいタイプなど種類が豊富なので、用途に合わせて使い分けることができます。

ゆらゆらと揺れる炎を見ながら好きな香りに包まれるので、リラックスタイムにおすすめです。

アロマストーン

天然石などを加工した石や素焼きの陶器などに、精油やディフューザーの液体を垂らして使います。

リードディフュザーやスプレーと比べると、香りの範囲が狭いので、玄関やトイレなどちょっとした香りが欲しい場所に適しています。おしゃれなデザインが多いのでインテリアとしてもおすすめです。

ルームフレグランス、選び方のポイント

ポイント①置き場所

ルームフレグランスは、置く場所や広さによって香りやタイプの選び方が変わります。

家の印象が決まる玄関は、すっきりとした爽やかな香り、寝室はリラックスできるウッディ系の香りなど、部屋の印象や役割によって香りを使い分けるのもおすすめです。

また、空間のアクセントとして使えるおしゃれで華やかなデザインのものや、インテリアの邪魔にならないようなシンプルでコンパクトなものなど、置く場所の雰囲気に合わせたデザインを選ぶと効果的です。

ポイント②容量

リードディフューザーは容量もチェック。主な容量は、100ml未満、200ml未満、500ml、1Lがあります。オフィスやリビングなど、広い部屋で香りを長持ちさせたいときは500ml以上の大きなサイズを買いましょう。逆に玄関やトイレなど、狭いスペースで使う場合は100ml程度の小さな容量でも十分長持ちします。

また、ルームスプレーやアロマキャンドルは一時的に香りが欲しい時に使います。使用頻度が高い人は大きいサイズを選ぶといいかもしれません。

ポイント③香り

ルームフレグランスにはさまざまな種類のアロマがあり、どれがいいのか迷うこともあるかもしれません。基本的には自分の好きな香りを選ぶことが大切ですが、使用するシーンや気分に合わせて選ぶのもおすすめです。

例えば、爽やかな柑橘系の香りは仕事中、落ち着いたウッディな香りは就寝時など、使うシーンを想像して選んでみましょう。

ポイント④ブランド

香水やリラクゼーショングッズ、インテリアのセレクトショップなどでも、ルームフレグランスを展開しているブランドがいくつもあります。

好きなブランドでフレグランスやインテリアを揃えると、部屋全体に統一感が出るのでおすすめ。気になるブランドや人気ブランドを調べると、新しい発見があるかもしれません。

ルームフレグランスの人気ブランドとおすすめ23選

続いては、憧れの高級ブランドから、手頃なプチプラまで、ルームフレグランスの定番とも言える人気ブランドの商品をご紹介します。

プレゼントにもおすすめ。高級ブランドのルームフレグランス11選

<SHIRO (シロ)>

SHIROのリードディフューザーは、ホワイトをベースとした、どんな部屋にも合うシンプルなデザインが魅力です。

定番で人気のせっけんの香り「サボン」や、爽やかな柑橘系と上品な紅茶の香りがマッチした「ホワイトティー」、フローラルのやさしい甘さに、グレープフルーツやアップル、ゆずなどのフルーティな香りが添えられた「ピオニー」など、好みに合わせた香りを選ぶことができます。メンズへのプレゼントにもおすすめです。

<SABON(サボン)>

SABONのリードディフューザーは、かわいらしいデザインで、インテリアとしてもおしゃれで存在感があります。

素朴でシンプルなアンティーク調のビンに、人気の「パチュリ・ラベンダー・バニラ」や、柑橘の「シトラスブロッサム」、すっきり爽やかな「ジェントルマン」などどんなシーンにも使えるフレグランスです。

愛用者の中には、ボディークリームやミストの香りと併せて使っているとの声も。

<Aēsop(イソップ)

素材へのこだわりが高く、洗練されたデザインで男性人気も高いAēsopには、ルームスプレータイプとアロマキャンドルタイプの2種類のフレグランスがあります。

人気のルームスプレータイプは、ウッディなアロマとフレッシュなシトラスがマッチした「オロウス」や、ワイルドなフローラルの香りとスモーキーさがほんのり残る「イストロス」など3種類。リラックスタイムを演出します。

<JO MALONE LONDON(ジョー マローン ロンドン)>

高級フレグランスブランドとして人気のJO MALONE LONDONは、アロマキャンドル、リードディフューザー、ルームスプレーなど、幅広いラインナップが魅力です。

中でも、シンプルでスタイリッシュなデザインで人気なのが、リードディフューザー。洋梨のみずみずしく上品な香りが特徴の「イングリッシュペアー」や、ザクロ、ラズベリー、そしてプラムのフルーティな香りにピンクペッパーやカサブランカの華やかさが加わったメンズ用フレグランス「ポメグラネート ノアール セント サラウンド」の香りもおすすめです。

玄関や寝室に置いて、気分転換やリラックスタイムに香りを楽しんでいるという愛用者の声も。

<diptyque(ディプティック)>

同じく高級フレグランスブランドとして知られるdiptyqueのルームフレグランスは、アロマキャンドルタイプや、プラグ差し込み型ディフューザー、“砂時計型”ディフューザータイプなどユニークな形のものが多いのが特徴です。

プラグ差し込み型ディフューザーは、洗練されたデザインで、置くだけで高級感のあるインテリアとしても活躍。9種類ある香りのカプセルを差し込んで使います。

<LALINE(ラリン) >

近年人気が高まりつつあるイスラエルブランドのLALINE。そのルームフレグランスは、リードディフューザーやアロマキャンドル、セラミックバー、ポプリなどさまざまなタイプがあるのが特徴です。

中でも好きな場所にほんのり香りを添えたい時に活躍するのが「フレグランス セラミックロゴ」。陶器でできたアロマプレートに、セットのフレグランスを染み込ませて使います。香りは8種類から選べます。

<CULTI(クルティ)>

CULTIはイタリアで注目を集めるラグジュアリーブランド。フレグランスはどれも天然香料を使ったもので、香りひとつひとつが自然をモチーフとしたテーマを持っています。

500mlや1000mlという大容量のリードディフューザーもあり、それぞれ6種類の香りを選ぶことができます。

<Antica Farmacista(アンティカファルマシスタ)>

Antica Farmacistaは、上品で優しい香りと洗練されたデザインが注目されている、ホームフレグランスのブランドです。有名百貨店や高級ホテルでも使用されています。

ルームディフューザーやキャンドル、ルームスプレーなどが人気商品。中でも、世界中から集められたエッセンシャルオイルを使ったリードディフューザーは「アクア」や「グレープフルーツ」「ダマスクローズ」といった、地中海をテーマとした9種類の香りから選ぶことができます。

<LINARI(リナーリ)>

高級ルームフレグランスのパイオニアとして知られるLINARI。細身のボトルがスタイリッシュで、19種類の香りから選ぶことができます。容量は500mlのみなので、ハイセンスな香りを長い期間楽しめます。

<SKANDINAVISK(スカンジナビスク)>

SKANDINAVISKは、2人のイギリス人男性によってつくられたフレグランスブランド。セントディフューザーやキャンドル、パフュームオイルなどのフレグランスは、北欧での暮らしからインスピレーションを受けているといいます。

中でもアロマキャンドルは、ベジタブルワックスから作られていて、火を灯すと華やかでリラックスできる香りが広がります。キャンドルポットには北欧のシンボルマークがあしらわれ、インテリアとしても洗練されています。

<ROSY RINGS(ロージーリングス)>

ROSY RINGSは、1995年から続くボタニカルキャンドルのパイオニアブランドです。リードディフューザーやアロマキャンドルは、創業当時から変わらずハンドメイドでの製法を貫き、大量生産にはできない品質や香りを生み出し続けています。

中でもリードディフューザーは、天然の草花やスパイスをこだわりのボトルに詰め込み、オーガニックで優雅な香りを6~9ヶ月間楽しめます。また、インテリアとしても空間を美しく演出します。

プチプラから3000円台まで。コスパ抜群のルームフレグランス12選

<無印良品>

無印良品のルームフレグランスは、リードディフューザーやルームスプレーなどを手軽に楽しめるのが特徴。1000円台から購入できるので、初めてルームフレグランスに挑戦するときの心強い味方です。

リードディフューザーのフレグランスは、レモンやオレンジなど、爽やかな香りをブレンド。フレグランスオイル入りのガラスボトルを磁器ホルダーに入れ、ラタンスティックをさして香りを楽しめます。

Francfranc(フランフラン)>

Francfrancは、アロマディフューザーやアロマキャンドル、ルームスプレー、玄関などに設置するアロマジェルなど、豊富なラインナップを季節ごとに展開しています。特にプチルームフレグランスが人気です。

「ソフィスティンスルームフレグランスセット」は、アクア・ネイチャー・フルーティー・ローズの4つの香りが楽しめる、ルームフレグランスのプチセット。価格はセットで3600円(執筆時)で、1つ1000円以下というプチプラが魅力。1つかわいい巾着入りなので贈り物にもおすすめです。

<ニトリ>

ニトリには、プチプラでコスパのいいリードディフューザーやアロマストーンが揃っています。

1000円以下で「ホワイトムスク」や「クリーンリネン」といった人気の香りをお試しできる「アロマディフューザー」は、部屋ごとに置いて違う香りを楽しむのもおすすめです。

また、溶岩石にアロマオイルを染み込ませて使う「ストーンディフューザー ロレ」も、ブラックを基調としたシックなデザインが人気です。

<cocod’or(ココドール)>

1000円台から楽しめるCocod’orのルームフレグランス。おしゃれで華やかなフラワーディフューザーや、スタイリッシュなリードディフューザーなど、お部屋のインテリアにもなるようなものが人気です。

リードディフューザーの「アクア」は、海辺をイメージした瓶の中に、瑞々しいメロンと魅力的なローズマリー、ホワイトフローラルのフレグランスが入り、透明感のある香りで爽やかさを演出します。

<John’s Blend (ジョンズブレンド)>

Johns Blendには、おしゃれなカフェをイメージさせるデザインのプチプラルームフレグランスが揃っています。価格は280ml約1000円〜と良コスパ。

中でも人気なのはジェルタイプのフレグランス。置くだけで香りを楽しむことができ、匂いも長持ちします。「ホワイトムスク」や「ラベンダー」「ワイン」の香りなどもおすすめです。

<LAVONS (ラボン)>

LAVONSの部屋用フレグランスは、大容量のジェルタイプ。価格も1000円程度で、手軽にフレグランスを取り入れられるのが魅力です。

「ラグジュアリーリラックス」や「フレンチマカロン」など、香りは6種類。設置方法は置くだけなので、クローゼットや玄関などにもおすすめです。

<Laundrin(ランドリン)>

柔軟剤でも人気のランドリンから発売しているリードディフューザーは、700円程度とプチプラで、ルームフレグランス初心者にもおすすめ。ドラッグストアでも見つけられたらラッキーな人気商品です。

香りの種類は3種類。香水のような上品な香りで、シンプルな瓶は部屋のインテリアも邪魔しません。

<SHALDAN(シャルダン)

手軽に買えるルームフレグランスとして人気のシャルダン。4種類の香りから、好きな香りを選部ことができ、フローラル&フルーティーノートを絶妙なバランスで組み合わせた上質な香りがスティックから広がります。

スティック7本の場合、香りは約1.5~2.5ヵ月持続。アロマオイルとスティックはつめかえ式です。

<a day(アデイ)>

a dayのリードディフューザーは、香水でも人気の金木犀の甘い香りに、スパイシーな甘みのスターアニスがミックスされた香りを楽しめるフレグランスです。

100mlと小さめのフォルムのため、一人暮らしの小さなお部屋でもOK。おしゃれなインテリアとしてもおすすめです。

<MAYA (マヤ)>

MAYAのフラワーディフューザーは、まるで花瓶に生けられた花のような見た目。花の形をしたリードがフレグランスオイルを吸い、美しい色になったソラフラワーを楽しめます。

香りの種類は7種類。持続時間は1~2週間ほどですが、部屋に置くだけで華やかさがアップします。

<SCENTORINI>

SCENTORINIのルームフレグランスは、バニラ&フローラルの香りを楽しめる、天然ソイキャンドル。天然のソイワックスなので香りも広がりやすく、リラックスタイムに最適です。約25〜35時間燃焼可能なので、毎日使っても十分長持ちします。

人気なのは「LA BELLEFÉE」。パステルブルーの小箱の蓋にリボンがついた、おしゃれでかわいいデザインなので、プレゼントにもおすすめです。

<b2c>

b2cのルームフレグランスは、無機質なコンクリート素材と天然素材のリードを組み合わせた、デザイン重視のフレグランス。

好みのブリックパーツとオイルを組み合わせ、自分だけのディフューザーを作ることができます。オイルは手軽なフレグランスタイプと、精油100%で濃密な香りが特徴のエッセンシャルタイプの2つ。部屋をスタイリッシュにしたい人におすすめです。

ルームフレグランス 手づくりするには?

ルームフレグランスのつくり方

より自分好みの香りを求めたい人、コスパ重視の人は、家にある余ったアロマオイルで、ルームフレグランスを手づくりすることもできます。YouTubeではDIYの方法が動画で紹介されています。

手づくりキットも

無水エタノールとアロマがセットになった「手作りキット」もあるので、さまざまな香りを少しずつ楽しみたい方におすすめです。

まとめ

お部屋での時間が長くなったいま、季節の変化や気分に合わせて香りを変えると、ちょっと楽しい毎日になれるかもしれません。

自分用にもプレゼントにもおすすめのルームフレグランス。ぜひチェックしてみてください。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。