ハフコレ編集部

【千葉】グランピング天国!房総半島の人気施設5選

山、海、湖と自然たっぷりの房総半島。都心からのアクセスもよく、夏の思い出作りにぴったり。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。

※営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。

房総半島に続々と誕生するグランピング施設

都心から近い房総半島。ドライブや日帰り旅行で訪れる人も多い場所ですが、最近は「グランピング」を目的に訪れる人も増えています。

自然豊かで海はもちろん、山や渓谷なども楽しめる房総半島は最高のロケーションです。

今回は房総半島で人気のグランピング施設をご紹介します!

ファミリーやパートナー、友人と楽しめるアクティビティが魅力の「リソルの森」。

開放感あるデッキテラス付きのグランピングテントは40平米と広く、森の中で過ごす時間に心身ともに癒されます。大人数での宿泊なら、ふたつのテントがデッキテラスで連結された「テントキャビンプレミアム」もおすすめ。

子供と一緒に楽しい夏休みの思い出を作りたいなら「BUB RESORT」がおすすめ!

廃校となった敷地を再活用した施設で、自然や文化を体験できるアクティビティがたくさん。宝探しや火起こし体験、そして日没後の昆虫採集やスターウォッチングなど、子供たちが自然に興味を抱くきっかけにもなるかもしれません。

こちらも廃校となった小学校をリノベーションした湖畔のグランピング施設。

前面がスケルトンになった大型ドームテントには、ダブルベッド二台またはシングルベッド四台が設置されています。

それぞれのテントに屋根付きBBQハウスが完備されているので、雨天でも安心です。

「森で暮らす」体験ができるいすみ市のグランピング施設。

最大35人が泊まれる屋根裏部屋付きロッジやキャビン、トレーラーハウスにドームテントなど、施設タイプも充実しています。ウッドデッキのアウトドアリビングでBBQを楽しんだり、プロジェクターと100インチスクリーンで映画鑑賞したりと、過ごし方もいろいろ。

ゴルフ場に併設された宿泊施設で、ホテル棟の他にドームテントや、ノルディスクの大型テントにも泊まれます。

各グループが占有できるスペースも広いため、他の宿泊者の目を気にせずくつろぐことができます。

いかがでしたか?都心からもアクセスの良い房総半島で、ぜひグランピングを楽しんでみてくださいね。

併せてチェック!JTB・るるぶトラベル「県民割クーポン」配布中

JTB

国内の宿やツアーを探すなら、JTBやるるぶトラベルもとってもお得。県民割などお得なクーポンが豊富に揃っています。

👉JTBの国内旅行・宿泊予約で使える割引クーポン特集はこちら

👉るるぶトラベルのお得な割引クーポン一覧はこちら

(写真:楽天トラベル)
※記事で紹介した商品やサービスを購入すると、売上の一部がハフポスト日本版に還元されることがあります。
※この記事は、BuzzFeed Japanで掲載した記事を再編集したものです。
※営業内容が一時的に変更・休止となる場合がございます。最新情報は施設・店舗にご確認ください。
訂正の連絡はこちら