イギリスの人気リアリティ番組、ファッションを全て古着へ

若者の古着への興味が増加していることを受け、イギリスの人気恋愛リアリティ番組「ラブアイランド」は、これまでのファストファッションから古着へと大きくシフトチェンジした。
イメージ画像
イメージ画像
EmirMemedovski via Getty Images

イギリスで大人気の恋愛リアリティ番組「Love Island(ラブアイランド)」の新シーズンの出演者たちは、同番組史上初、全ての衣装を古着ファッションに一新するようだ。

イギリス現地で6月6日からスタートしたシーズン8では、滞在するヴィラに共有クローゼットが設置され、出演者はそこに詰められた古着でファッションを楽しむことができる。

同番組は、以前はファストファッションブランドのI Saw It Firstと提携し、番組の卒業生たちは他のファストファッションブランドのアンバサダーになっていた事を考慮すると、大きな方向転換と言える。

そして、このシフトは非常に大きな意味を持つーー。

というのも、「ラブアイランド」はファッション業界で大きな影響力を持っているからだ。アフィリエイトネットークAwinの調査によると、2021年夏の放送中には、オンラインファッションの売上が10%以上増加したという。

「ラブアイランド」の古着へのシフトは、番組とeBayのタイアップによるもの。イギリス人の若者がファストファッションの環境的負荷を考慮し、古着への興味が増加している事を示した同社の調査を受け、決行された。

調査によると、イギリス人の約20%は2年前と比較し古着を買うようになったと答え、平均してワードローブの16%が古着だという。

また、2021年には「古着」の検索が急増し、特にZ世代は80%が最近古着を購入したと回答しており、このトレンドを牽引している。

「ラブアイランド」のファッションは番組の大きな魅力でもあり、ファンがお気に入りの出演者のコーデを真似しようとすることも多い。

2021年の優勝者ミリー・コートが着用したワンショルダーのマーブルドレスが話題となった際には、「マーブルドレス」のネット検索は127%増加したという。

サステナブル・スタイリストのカッサンドラ・ディットマー氏は、「ラブアイランド」とeBayのタイアップは素晴らしい、と話す。

「影響力のある人やプラットフォームが、より責任ある買い物を推進するのはポジティブな動きです」

「番組の好き嫌いに関わらず、『ラブアイランド』はトレンドを作り出し、各エピソードの放送後は買い物が急増します。古着でクリエイティブにトレンドを作り、クローゼットの共有を奨励することは、大きな変革を起こすかもしれません」

「過去10年のファストファッションの台頭は、私たちのクローゼットや中古ショップ、さらにゴミ処理場を埋め尽くしていました。今こそ古着を買い、洋服は短期間で使い捨てるものという考えをやめましょう」と語った。

番組もeBayも、このタイアップを歓迎している。

eBay UKのファッション部門責任者であるジェマ・タッド氏は、「『ラブアイランド』とそのスターたちがイギリスに与える影響は大きく、買い物する際にはまず中古品を選ぶよう、共に国民の皆さんをインスパイアしていきたい」と述べた。

『ラブアイランド』は2015年からイギリスのテレビ局ITV2で放送されている恋愛リアリティー番組。人気番組である半面、これまで、元出演者や司会者など3人が自殺しており、番組のサポート体制の改善はもちろん、番組停止を求める声もあり、物議を醸している。

ハフポストUK版の記事を翻訳・編集・加筆しました。