相模原事件、植松聖被告に死刑判決

植松聖被告の責任能力の有無が裁判の争点となっていました。
植松聖被告
植松聖被告
STR via Getty Images

神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で19人が殺害された事件の裁判員裁判で、横浜地裁(青沼潔裁判長)は3月16日、殺人などの罪に問われた植松聖被告(30)に死刑判決を言い渡した。検察側は死刑を求刑し、弁護側は大麻使用による心神喪失状態にあり責任能力はなかったとして、無罪を主張していた。

植松被告は、2016年7月、園に侵入し、入所者の男女19人を殺害、職員を含む26人に重軽傷を負わせるなどした罪に問われていた。

裁判は2020年1月に始まり、16回の審理を経て、2月19日に結審した。作家の雨宮処凛さんによると、植松被告は結審まで障害者に対する差別的な主張を変えることはなく、同日の最終意見陳述で、「どんな判決でも、控訴しません」と話していたという。