WOMAN
2020年03月19日 11時00分 JST | 更新 2020年03月19日 12時19分 JST

中谷美紀さんが願う「意志を持ち、自立した女性が疎まれない世の中に」

自分にとって本当に大切だと思うものを選択してきた中谷美紀さん。その選択によって生まれる強くしなやかな姿は「真逆」と語るNetflix『FOLLOWERS』の主人公・リミとどこか重なる。

中谷美紀さん

いまの時代、インスタにポストされた、たった1枚の写真がきっかけで昨日とは違う今日を生きることになる━━。

写真家・映画監督の蜷川実花さんによるNetflixのオリジナルシリーズ『FOLLOWERS』は、東京の街を舞台に、強く生きる女性たちの姿を描く。

努力を重ね、華やかな仕事やライフスタイルを手に入れながらもそれぞれの孤独や葛藤を抱える女性たちと、ものすごいスピードで日々進んでいく東京の街で、夢のつかみ方を模索する若者たち。ふたつの世界がSNSによって、交錯する。

中谷美紀さんが演じる主人公・奈良リミは、業界の第一線で活躍する写真家。男性中心だった写真の世界において、「女性だから」という理由だけで賞の受賞を逃すといった経験を乗り越え、実力でいまの地位を築いた女性だ。

 

リミとは「真逆」。ときにはファストファッションも

Netflixオリジナルシリーズ『FOLLOWERS』
中谷美紀さん演じる『FOLLOWERS』の主人公・奈良リミ

金髪のマッシュヘアにドレス姿…、取材場所に現れた中谷さんは『FOLLOWERS』の主人公・奈良リミそのものだった。

しかしながら、実際の中谷さんはリミとは「真逆」なのだと言う。

「リミのようにパーティー三昧の生活を送っているわけではありませんし(笑)、ファッション至上主義でもないんです。もちろん、お仕事柄、上質で美しいお洋服を纏うことは大好きなのですが、一方で、ユニクロやH&Mなどのファストファッションを着たりもします。ただ、ファストファッションについてはエシカルという視点から、考えなければならないのですが…」

リミとの共通点を挙げるとするならば、「美しいものが好きなこと」。

「美しいものを見るために生きているといっても過言ではないといいますか、芸術に触れることが自分自身の原動力になっています。

最近では、英作家ヴァージニア・ウルフの『オルランド』がオペラになってウィーン国立歌劇場で上演されたのですが、衣装をコム・デ・ギャルソンの川久保玲さんが担当されていたんですね。それは本当に素敵でした。

オルランドを演じる女性のメゾソプラノ歌手ケイト・リンゼイの声が本当に美しくて、かつ、エゴがなく役に徹していらして、素晴らしかったです。

その方のようにエゴのない、ただ「その役として、そこに存在している」お芝居を見ると、とても心が癒されるんですね。そして、自分でもこうありたいなと思うんです」

 

 女性の生き方の多様性を尊重したい

中谷美紀さん

ドラマの中で、いまの社会が抱えるジェンダー問題を浮かび上がらせ、リミと、それを演じる中谷さんの姿が重なり、胸を掴まれる印象的なシーンがある。新しい才能が集結する授賞式で、リミが次の世代の女性たちに向けてスピーチを披露する場面だ。

その時のセリフはこうだ。

「男性を通じてしか社会とは繋がれない女性にはならないでください。精神的にも経済的にも自立した女性であり続けてください。

女性であることを肯定し、しなやかに凛として戦っていきましょう」。

「リミに共感できる点を挙げるとするならば、この『男性を通じてしか社会とは繋がれない女性にはならないでください。精神的にも経済的にも自立した女性であり続けてください』というセリフです。

ただそれを、誰かに強要したいとは思わないんです。そこはとても難しくて。いまの日本には少なからず専業主婦になることを望んでおられる女性もいらっしゃるので、そうした方々に向けて自立を強要しようとは思いません。

それこそ女性の生き方の多様性を尊重したいと思いますが、自分自身は自立していたいと思いますし、意志を持ち、自立した女性たちが疎まれない世の中になることを願っています」

Netflixオリジナルシリーズ『FOLLOWERS』
中谷美紀さん演じるリミは「いまは成功して華やかな世界に身をおくが、そこに至るまでに努力や苦労をしてきた人。そうした多面性を表現できるよう意識した」(中谷さん)

SNSの世界では若い世代のフォロワーから無数の「いいね!」を集めるリミだが、まだ叶えることができていない夢のため、大きな決断をする。仕事と出産の両立だ。

リミは分母を100から200に増やし、「仕事も100%、育児も100%」と出産を決断するが、中谷さんは「子どもを生まない」選択をし、リミとはまた別の道を歩んでいる。

そして、いまに至るまで、その決断に一度たりとも迷いはない。

本作の核にもなっている、性別を問わず、いまの社会でわたしたちを縛る様々なものから自由に生きること。自分にとって本当に大切だと思うものを、覚悟を持って選択してきた中谷さんの姿には、そのためのヒントがある。

そして、リミと自分はまるで真逆だというが、そうした選択の積み重ねによって生まれる強さとしなやかさは、同じだ。

撮影現場でも社会が変わりつつあることを実感

Netflixオリジナルシリーズ『FOLLOWERS』

本作『FOLLOWERS』はNetflixの他の作品同様、世界190カ国で配信される。

パートナーとの結婚を機に住まいをオーストリアに移し、日本とヨーロッパを行き来する中谷さんだが、世界はどんどん近くなり、より多様性や、多様な生き方を受け入れることが大切になっていると、エンタテインメント業界の現場でも感じるという。

「これから携わる新しい作品の現場で、男性の監督から『“女性らしさ”というような表現を口にするのもはばかられるのだけど』といった言葉を聞くようになり、社会は変わりつつあるなと実感しています」

スタイリスト:白幡啓(LOVABLE)/ヘアメイク:下田英里

Netflixオリジナルシリーズ『FOLLOWERS』(フォロワーズ)
監督:蜷川実花
出演:中谷美紀 池田エライザ 夏木マリ 板谷由夏 コムアイ 中島美嘉 / 浅野忠信 上杉柊平 金子ノブアキ 眞島秀和 / 笠松将 ゆうたろう
Netflixにて全9話世界190ヵ国へ独占配信中
http://netflix.com/followers
#FOLLOWERSNetflix