NEWS
2020年09月13日 07時14分 JST | 更新 2020年09月14日 11時32分 JST

大坂なおみが優勝。全米オープンで2度目。アザレンカに競り勝つ。

1ー6、6ー3、6ー3。

テニスの全米オープンは、9月13日(日本時間)に女子シングルス決勝戦があった。

大坂なおみ選手は、ビクトリア・アザレンカ選手(ベラルーシ)と対戦し、1ー6、6ー3、6ー3で勝利した

大坂選手は2018年の初優勝以来、2度目の優勝。2019年の全豪制覇と合わせて、グランドスラムで3つ目のタイトル獲得となった。

アザレンカ選手は、全米オープン初優勝に一歩届かなかった。2012、13年以来、3度目の準優勝となった。

第1セットはアザレンカ選手の勢いに圧倒され、大坂選手は1ゲームしか取れずに先行された。続く第2セットは6-3と盛り返した。

最終第3セットは一進一退の攻防。大坂選手は第4ゲームでブレイクすると、続く第5ゲームも3度の相手のブレイクポイントをしのいでキープした。アザレンカ選手も食い下がったが、迎えた9ゲームで試合を制した。