enjo

なぜ日本アニメがリスクのある中国で存在感を保つ必要があるかも考えました。もちろんお金だけではありません。
2018年から飼育員のユニークな視点で情報発信を始めて話題になっていたが、裏目に出た格好だ。
SNSで展開していた「#ラブタイツ」のキャンペーンを中止に。「社会的責任に対する認識の甘さやモラル意識の問題」との見解を示し、謝罪した。
「タイツの日」に合わせたキャンペーンの一環とみられ、「#ラブタイツ」のハッシュタグをつけて、アツギの商品を履いた女性たちのイラストを共有していた。
個人の責任で言葉をネットワーク上に発信することが、すべての人にとって、必須のスキル。メディアや広報の仕事だけではなく、「企画職」や「営業職」の方も同じです。
写真家の鈴木達朗さんが渋谷の街を歩きながらストリートスナップを撮る様子に批判が集中した
「なぜ言論を削除するのか。この国は文化、路線、制度、理論への自信を失くしたのか?」
自身のビデオ作品を出品していたオーストリアでの展覧会「Japan Unlimited」。日本大使館が「公認取り消し」したことで大きな話題を呼んでいた。
「『あいちトリエンナーレ』関連ツイートを見ると、炎上に関連してツイートしているのは元々特定の主張がある人たちが、それまでと同じような主張を繰り返しているようだ」(東京大学大学院・鳥海不二夫准教授)