BREAK THE SILENCE
2021年02月03日 12時55分 JST

オカシオコルテス議員、性暴力サバイバーだと明かす。

「人生で、多くの人にこのことを話したことはありません」(オカシオ=コルテス議員)。連邦議会議事堂の襲撃事件当時の状況を説明する中で、性暴力の被害者であることを明かしました。

Brittany Greeson via Getty Images
オカシオ=コルテス下院議員

「AOC」の愛称で知られるアメリカ下院議員のアレクサンドリア・オカシオ=コルテス議員(民主党)が2月1日、性暴力のサバイバーであることをインスタライブで明かした。

ガーディアンによると、オカシオ=コルテス氏はインスタライブの中で、1月6日に発生した連邦議会議事堂の襲撃事件当時の状況などを説明。暴徒による襲撃から逃れようとオフィスのバスルームに隠れたとき、壁を激しく叩く音や、オカシオ=コルテス氏の居場所を探し「どこにいる」とわめき叫ぶ男の声を聞き、「死ぬのだと思った」と振り返った。

オカシオ=コルテス氏は襲撃事件の後、議員たちから「気持ちを切り替えて前に進むべきだ」などと求められたことへの憤りを示し、「虐待者と同じ手法だ」と批判した。

「私がこのように話し、今この瞬間に感情的になっている理由は、私たちに『前に進む』ように言う人々、(襲撃事件は)大したことではない、起こったことを忘れるべきだ、謝罪すべきだとさえ言う人たちがいるからです。これらは虐待者と同じ手法です

続けて、オカシオ=コルテス氏は時折声を詰まらせながら、性被害の過去を明らかにした

私は性暴力サバイバーです。そして、人生でこのことを多くの人に伝えたことはありません。しかし私たちがトラウマを経験する時、他のトラウマによってさらに悪化します」

「怠慢またはネグレクトの傾向の親をもつか、言葉で虐待する人が近くにいたか、虐待のサバイバーか、人生で小さなことから大きなことまで何らかのトラウマの経験があるかどうか。こうした虐待の体験は、それぞれに悪化し合う可能性があります」

オカシオ=コルテス氏はインスタライブで1時間以上にわたって襲撃事件当時の状況を報告し、15万人以上が視聴した。

 

(國崎万智@machiruda0702/ハフポスト)