NEWS
2021年02月12日 19時50分 JST

森喜朗氏の後任、候補者検討委員会で決定へ。川淵三郎氏は辞退

新たな会長の候補者を選ぶ委員会のメンバーは、アスリートを中心に男女ほぼ半数ずつにする方針という。

撮影:濱田理央/Huffpost Japan
懇談会後に記者会見を開く武藤敏郎・事務総長

女性蔑視発言で批判を浴び、東京オリパラ組織委員会会長の森喜朗氏が辞任を表明した問題で、組織委の事務総長である武藤敏郎氏は2月12日の記者会見で、森氏の後任選びのために候補者検討委員会をたち上げることを明らかにした。

森氏はこの日、理事や評議員が出席した懇談会で辞意を表明した。

武藤氏は、懇談会終了後の記者会見で、会合の出席者から「会長選任は国民にとって透明性のあるプロセスでなければならない」「選考の説明責任を果たすべきである」といった意見が上がったことを報告。これを踏まえ、「透明性の高いプロセスが不可欠」として、後任を選ぶために候補者検討委員会を設置すると決定したという。

 

委員会のメンバーは?

武藤氏の説明によると、後任選びの委員会のメンバーは、組織委の理事会メンバーの中から選ばれる。

委員数は1桁程度で、アスリートを中心に男女ほぼ半数ずつにする方針という。

「具体的な委員の人選はこれから行う」としている。

委員会の委員長には、組織委の名誉会長を務める御手洗冨士夫氏(キヤノン会長兼社長CEO)が選ばれた。委員の選考は御手洗氏と相談の上、進めるという。

また、後任として報道されていた川淵三郎氏は「会長になることは考えてないし、求められても辞退する」と懇談会で発言したという。