NEWS
2021年02月18日 19時50分 JST

橋本聖子新会長、過去のセクハラ報道を問われ「当時も今も、深く反省」(会見詳報)

橋本氏は当時「キスを強制した事実はない」とコメントし、相手選手も「パワハラ、セクハラとは思っていない」などと語っていた。

Rio Hamada / Huffpost Japan
記者会見する橋本聖子新会長

東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の橋本聖子新会長は2月18日、就任後初の記者会見に臨んだ。

質疑応答では、橋本氏が日本スケート連盟会長だった際の、男子フィギュアスケート高橋大輔選手に対するセクハラ疑惑報道について質問が上がった。

橋本氏は「軽率な行動について、当時も今も深く反省をしています」と陳謝。「厳しい声と受け止めている」と引き取った上で、問題解決や懸念解消に向けて「自分自身が身を正して、ジェンダーをはじめとする多様性と調和を、新たな改革の中で組織委として世界に打ち出すことができるのかに全てがかかっている」と掲げた。

橋本氏は当時「キスを強制した事実はない」とコメントし、高橋選手も日刊スポーツに対して「パワハラ、セクハラとは思っていない」などと語っていた

森会長の女性蔑視発言を踏まえ、男女平等をどう推進するのかについては「組織委(理事会など)での女性比率を40%にする。形だけではだめ。中身を多くの人に理解してもらわないといけない」と説明。具体的な数値目標を挙げて、今月内に方向性を示す考えを示した。

会長就任を受けた自民党離党や議員辞職についても問われたが、「議員は辞職せずに組織委会長になることは、IOCや国も認めている。あとは、(公平性に対する)疑念が持たれないような行動をしていくべき」と否定した。

記者からはまた、森会長発言の問題点を尋ねる質問も上がった。

橋本氏は「政治の師である森会長に『あってはならない発言だ』と明確に申し上げた」と強調した上で、「森前会長も大変反省し、これからに生かしていかないといけない」と述べた。

一方で、森前会長のこれまで実績や経験を挙げて「経験と実績はアドバイスをいただかなければいけない局面もある」とも述べた。

Rio Hamada / Huffpost Japan
記者会見する橋本聖子新会長