これからの防災
2021年03月11日 11時00分 JST | 更新 2021年08月26日 18時46分 JST

「たった10年経っただけ」。サンドウィッチマン伊達みきおさんが3.11に伝えたこと【東日本大震災から10年】

2011年3月11日、番組のロケ中に被災したサンドウィッチマン。毎年、気仙沼から思いをつづってきた。

お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおさんが2021年3月11日、ブログを更新し、震災から10年が経過したことについて自身の思いをつづった

サンドウィッチマンは震災当時、宮城県気仙沼市での番組中のロケの最中に被災。以降も毎年、気仙沼からこの日を迎えてきた。

サンドウィッチマン・伊達みきおさんのブログより
サンドウィッチマン・伊達みきおさん(左)と気仙沼市の観光キャラクター・ホヤぼーや(右)

伊達さんはブログの冒頭、「震災から10回目の3月11日。当日もいたから、11年連続で気仙沼に来てる事になるのか…。もう、すっかり気仙沼にも知り合いが出来たり良く行くお店もあったり、今は気仙沼に来るのが楽しみで仕方ない。
素敵なお店や美味しいお店も来る度に増えて、新・気仙沼になっている」と言及。

一方で「人の温かさと魚の旨さ!日本屈指の港町」は変わらないとし、「震災直後、泣きながら前を向いて生きてきた地元の方々を見てきたから…今、そんな方達と笑顔で会うと、10年という時間の経過も感じる」と思いをつづった。

被災した人や当時ボランティアをした方などに対しては、「今日で10年。歯を食い縛り、本当によく頑張ってきました。この地に、縁もゆかりも無いボランティアの方々が泥まみれになって助けてくれたから今がある。縁もゆかりもある我々は、もっと懸命に頑張らないといけない。じゃないと、助けて下さった方々に失礼」と自身の思いを言葉にした。

震災から10年という月日については、「たった10年経っただけ。行方不明者はまだ2500人以上。捜索は今も続いている。整理がつかない方も多い。遺族は10万人を超える。これからも、我々は何も変わらず共に生きて行きます」と現状を受け止め、決意を新たにした。

「地元の方々は、とにかく復興に向かって全力で走り続けた10年。疲れも出てくるでしょう。明日から、ほんの少しだけゆっくり…たまには寄り道しながらまた前に進んで欲しいです」と被災した人たちを気遣うことも忘れなかった。

最後は「いつ、どこで何があるか分からない自然災害。また、同じ様な悲劇が起こらない様に、あの日を体験して生き残った者として伝えて行きます。あいつら、まだ震災の事言ってるって言われても…伝えないと」と締めた。

サンドウィッチマンの2人は、震災直後の2011年3月16日に東北魂義援金を設立。チャリティライブの活動などを通じて賛同者から寄せられた義援金を直接、岩手・宮城・福島の東北3県に届けてきた。 

2021年2月には、直接被災地に届けた義援金の総額が4億9100万円を超えたことを報告し、賛同者への感謝をつづっていた