アートとカルチャー
2021年04月17日 12時28分 JST

音楽フェス市場、98%減。330億→6.9億円に大幅落ち込みで危機的(調査結果)

上昇傾向だった音楽フェスマーケットだが、2020年は「日本4大フェス」すべてが開催を断念。そんな中、ドライブイン方式などコロナ禍の新たなフェスのあり方が模索されている。

vm via Getty Images
音楽フェスのイメージ画像

ライブ・エンターテインメント市場の調査を行う「ぴあ総研」は、コロナ禍の2020年、音楽フェスティバルの市場規模が6.9億円となり、前年比およそ98%減だったことを発表した

市場規模は前年の330億円から97.9%減の6.9億円、総動員数は295万人から96.8%減の9.3万人と、ともに激減した。

 

4大フェス、すべてが開催断念。

調査では、2020年1月~12月に開催された、音楽ポップス分野のフェスティバル形式(同時間帯に複数アーティストが出演する形式)で行うイベントを対象とした(オンラインライブは含まず)。

ぴあ総研の発表より
音楽ポップスフェス市場規模と動員数の推移

市場規模、動員数ともに2011年以降上昇の傾向にあり、2019年は、市場規模330億円、動員数295万人までそのマーケットを拡大させていた。

しかし、2020年はともに大きく落ち込む結果となった。背景には、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、多くの音楽フェスの中止や延期、規模縮小が相次いだことが考えられる。

発表では、落ち込みの理由について、政府の要請で2月26日からイベントが開催できなかったことに加え、5月以降は「イベント開催の人数制限が段階的に緩和されるなか、全国的・広域的なお祭りや野外フェス等については、開催そのものの制限が9月18日まで続き、その後も十分な間隔を確保しての開催となった」ことを挙げている。

そして「音楽ポップスフェス市場へのマイナス影響は、苦境の続くライブ・エンタテインメント市場のなかでも極めて大きなもの」とまとめた。

例年、ゴールデンウィークや夏にかけての期間や、年末年始などにも屋内外で多くの音楽フェスが開催されてきた。

2020年、「4大フェス」と呼ばれる日本最大規模の「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル」と「ライジング・サン・ロックフェスティバル」は開催中止となり、「フジロック」や「サマーソニック」は翌年への延期を発表した。

一方で、感染防止対策を徹底した方法も模索され、10月には「ドライブイン」式での音楽フェス「DRIVE-IN LIVE PARKED」なども開催された。

2021年は、例年海外アーティストを多く招いていた「フジロック」は国内のアーティストのみの出演にするなどし、8月に開催を予定している。