NEWS
2021年05月31日 13時42分 JST | 更新 2021年05月31日 13時44分 JST

大坂なおみ選手、会見拒否で1万5千ドルの罰金。続けば四大大会への出場停止も

主催者は1万5千ドルの罰金を課すと発表。続けば四大大会への出場停止の可能性もあるとしている。

Tim Clayton/Corbis via Getty Images
5月30日、全仏オープンに出場した大坂なおみ選手

5月30日に開幕した全仏オープンを前に、メンタルヘルスを守るため、同大会で記者会見しないことをソーシャルメディアで発表した大坂なおみ選手。

同日行われた1回戦後は記者会見に応じず、これを受けて主催者は1万5千ドルの罰金を課すと発表した。今後も続けば四大大会への出場停止の可能性もあるとしている。

 

四大大会の主催者連名で発表。大坂選手「怒りは理解の欠如」

大坂選手は5月30日、パトリシア・ティグ選手(ルーマニア)と対戦し勝利。朝日新聞デジタルによると、コート上でのインタビューに応じたものの、記者会見には現れなかった。

これを受けて主催者は大坂選手に1万5千ドルの罰金を課すと発表。全豪、全仏、ウィンブルドン、全米の四大大会の主催者連名で、今後も会見に応じない場合は四大大会への出場停止処分になる可能性もあるとしている。

処分への反論と明確にはしていないものの、この発表後、大坂選手はTwitterに「怒りは理解の欠如。変化は人々を不快にさせる」と投稿している。

「アスリートのメンタルヘルスが考慮されていない」Twitterで表明していた

大坂選手は5月27日、自身のTwitterで記者会見はしない意向を表明。

「私はこれまで何度も、アスリートのメンタルヘルスが考慮されていないと感じてきました。そのことを、これまでに見た記者会見や自分が答えた記者会見で実感してきました」などと理由を説明。

「もし主催者側が『記者会見をしなければ罰金を課す』と主張し、彼らにとって最も重要な存在であるアスリートのメンタルヘルスを考慮しないというのであれば、笑うしかありません。その時は、かなりの額になるであろう罰金が、メンタルヘルスの慈善団体に寄付されることを願います」とも述べていた。

ピープルによると、大坂選手は声明とともに、当時14歳だったヴィーナス・ウィリアムズ選手のインタビュー映像をSNSに投稿。「(対戦相手に)勝てる」と自信を持って言ったことを記者が疑問視し、父親が「あなたは小さな黒人の子供を相手にしているんだ」と抗議する様子が映っていたという。

記者会見と罰金を巡っては、これまでヴィーナス・ウィリアムズ選手が2016年に、全豪オープン初戦で敗退した後の記者会見に現れず、5000ドルの罰金を課された。また、ノバク・ジョコビッチ選手も、2020年の全米オープンで記者会見をせずに7500ドルの罰金を課されている

大坂選手は現在世界ランク2位。世界四大大会ではこれまで全豪オープンと全米オープンで優勝している。