kishakaiken

ぶら下がり取材では、声を荒げて記者と受け答えする場面もあった。
内閣の広報官という立場で、菅内閣の記者会見で質問を希望する記者の指名にも関わることから、「広報官としてふさわしくないのではないか」という意見も出ている。
「解釈の仕方だと思う」「私はそういう意図でものを言ったわけではない」「多少意図的な報道があった」などと不満を漏らしました。
コロナ差別や嫌がらせなども報道される中、「思いやりの心」を持って対応したいと表明した。
「小山(慶一郎)さんからもらったパンツは今でも履いていますか?」「ソロライブは開催されますか?」などの質問が寄せられた。
「時間の許す限り包み隠さずにお答えするつもりです」と自身のTwitterに投稿。SNSでは、「#手越祐也会見ノーカット配信希望」の声が多く上がっていた。
新型コロナウイルス感染症の流行下で、より追い詰められる貧困家庭に対し、PCやWi-Fiの貸与などを行うという。
「その質問は中国に聞いてくれ」。質問をしたアジア系の女性記者を、攻撃的な態度で非難した
「店頭で買えるのが先か、政府から届くのが先なのか、どちらだろうか」など、批判や疑問の声も。
「私たちにできることは、亡くなった命や事故のことを決して忘れず風化させないことだと思っています」