#CHANGEDESTINY
2021年06月29日 17時52分 JST

カンヌライオンズ、「子宮の物語」描いた作品が4部門でグランプリ。生理や出産の複雑な感情描き、共感の声

喜び、痛み、 愛情、憎しみ……生理などの体験や感情は「単純ではない」とのメッセージが込められている。

毎年6月にフランスで開かれる世界最大級の広告の祭典「カンヌライオンズ」。

今年は、イギリスの生理用品メーカー「Bodyform」の短編作品「#Wombstories」(子宮の物語)がフィルム部門など4部門でグランプリを取った

予期しないタイミングでやって来た生理、耐え難い下腹部の痛み、妊娠や出産、子どもを産まない選択、更年期にあらわれる症状……。

こうした生理や子宮にまつわる様々な状況を、アニメーションと実写を組み合わせて描いた3分超の作品だ。映画監督のニーシャ・ガナトラがディレクターをつとめた。

動画の終盤では、喜び、痛み、 愛情、憎しみは「単純ではない」とのメッセージが流れ、 “LET OUR #WOMBSTORIES BE HEARD”(私たちの#WOMBSTORIESを聞かせよう)と呼びかける。

作品は子宮にまつわる体験談を募るBodyformのキャンペーンの動画。キャンペーンのサイトでは、体験談を共有することがタブーを破ることやスティグマを変えることに役立つ、とその狙いを記している。

 

キャンペーンのサイトが訴えるのは、生理や子宮にまつわる体験は可視化されておらず、複雑で、シンプルなものではない、ということだ。

「お互いを知り、助け合うためには、私たちの本当の#wombstoriesを共有する必要がある」と記している。 

作品のYouTubeには、「リアルで素晴らしい広告」「泣いた」と共感するコメントが多く寄せられている。

フィルム部門では「#Wombstories」のほか、ラコステの“Crocodile Inside”とナイキの“You Can’t Stop Us”の2作品もグランプリを受賞した。