アートとカルチャー
2021年07月07日 17時52分 JST | 更新 2021年07月07日 18時24分 JST

【ロッキン中止】アーティストから落胆の声も。サカナクションやONE OK ROCKの反応は?

「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021」が茨城県医師会などからの要請を受け、開催中止に。LiSAさんやKing Gnuのメンバーなどもコメントした。

Getty Images
サカナクションの山口一郎さん(左)、ONE OK ROCKのTakaさん(右)

音楽フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021」が開催まで1カ月に迫ったタイミングで中止された。Twitterでは「ロッキン中止」がトレンド入りしたほか、出演予定だったアーティストから驚きや落胆の声が続出している。

同フェスは8月7~9日、14・15日の計5日間にわたり茨城・国営ひたち海浜公園で行う予定だった。ROCK IN JAPAN FESTIVAL事務局が7月7日に開催中止を発表。茨城県医師会および県下26の医師会等による中止要請を受けたことを明かしていた。 

 

サカナクション山口一郎さん、ワンオクTakaさんなどがコメント

サカナクションの山口一郎さんは、「残念です。でも前を向いて進むしかない」とし、中止要請をした茨城県医師会と、ロッキング・オンの代表取締役で、フェスの総合プロデューサーの渋谷陽一さんの対談を希望。また、「今は分断せず、正確に理解し合う事が大事じゃないかなと思う」ともツイートしている。サカナクションは最終日の大トリを務める予定だった。

歌手のLiSAさんは、「みんなと楽しめる場所と環境をたくさん準備を進めてくださったJAPANの皆様に、たくさんたくさん感謝です」とつづり、またステージで会うことをファンに約束した。

King Gnu(キングヌー)の井口理さんは、「今この国にあるのは曖昧なルールと同調圧力」だとし、「みんなで幸せになる方法はないのかな」とTwitterに投稿した。King Gnuは初日のトリを務める予定だった。

出演予定が発表されていなかったアーティストからも、苦言を呈する声があった。ONE OK ROCKのTakaさんは自身のインスタグラムのストーリーで、「これは僕の一意見」とした上で「しょうがないとか残念とかで許してくれる日本の音楽好きもミュージシャンも本当に優しい。ただな。もうそろそろみんな怒るよ。」と投稿した。

 

他の夏フェスの開催状況は?

国内最大規模の夏フェスである「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」は2020年も開催を断念しており2年連続の中止となった。

ロッキング・オンでは、2021年5月に千葉市蘇我スポーツ公園で野外イベント「JAPAN JAM 2021」を開催しており、終演から20日が経った5月25日に、「参加者、出演アーティスト、運営スタッフにおける集団感染(クラスター)発生の報告はありません」と公式サイトで発表していた。

「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021」の開催に向けても、「コロナ禍に於ける安全なフェス実現の為に1年以上の長い時間をかけて開催スキームを検討」してきた中での中止となった。 

Twitterなどでは、他の夏フェスの開催を危ぶむ声も出ているが、現段階では、「フジロック」や「スーパーソニック」、「SWEET LOVE SHOWER」などは開催を予定している。

ロッキング・オンの渋谷代表取締役は「たくさんの夏フェスが計画されています。全ての成功を祈っています。ですから、私たちの開催中止が他の夏フェスへの悪い影響を生まなければいいと切に願っています」とつづっている