NEWS
2021年07月18日 13時05分 JST

オードリー・タン氏、日本訪問をキャンセル。「日本への感謝の心は変わりません」

東京オリンピック開会式に出席する予定でした。

Audrey Tang
オードリー・タン台湾デジタル担当大臣

台湾のデジタル担当大臣を務めるオードリー・タン氏は7月18日、今月に予定していた訪日をキャンセルすると発表した。23日の東京オリンピック開会式に出席する予定だったが、新型コロナウイルス感染対策に協力するため、中止を決めたという。

 

「日本への感謝の心は変わりません」

タン氏は自身のTwitterで、「東京オリンピックの防疫対策に協力するため、私は総統および行政院長と話し合った結果、日本への訪問をキャンセルすることにしました」と投稿。

「予定は変わりましたが、私にとって三つのことは変わりません」とつづり、つづけて「一、選手達を応援する気持ちは変わりません。 二、オリンピックをサポートすることは変わりません。 三、日本への感謝の心は変わりません」と投稿した。

さらに、「過去一年余り、皆さんはパンデミックの脅威の下で、数々の困難を乗り越え、世界に貢献してこられました」とつづり、「このような共通の経験は、相互協力の重要性を改めて気付かせることとなりました」とコメント。

「また日本を訪問し、台湾と日本の交流に貢献したいと願っています」と展望を語った。

 

オードリー・タン氏とは?

オードリー・タン氏は、35歳という若さで蔡英文政権に入閣。「デジタル担当大臣」として、デジタル化やIT政策などに貢献した。

新型コロナ禍で台湾は深刻なマスク不足に見舞われたが、限られたマスクを均一に行きわたらせるシステムを開発。「天才IT大臣」などとして、日本を含めた海外メディアから注目が集まった。