NEWS
2021年08月09日 11時18分 JST

東京や神奈川などで局地的に土砂降りの雨。8月9日午後、広い範囲で強風にも要注意

9日(月)午後にかけても雨雲が流れ込みやすい状況が続くため、いつ雨が降り出してもおかしくありません。今日は一日を通して、急な強い雨や強い風に注意をしてください。

ウェザーニュース
雨雲レーダー  9日(月)8時00分

今日9日(月)の関東は台風9号に向かって吹き込む暖かく湿った空気の影響で、雨雲が発生しやすく変わりやすい天気です。局地的に発達した雨雲の下では、土砂降りの雨になっています。

 

東京や神奈川で土砂降りの雨に

神奈川県から東京都内にかけて活発な雨雲のラインが形成されており、東京都世田谷区では8時までの1時間に19.5mmの土砂降りの雨となりました。自治体が設置した雨量計では神奈川県内でも1時間に20mm以上の雨の観測されている所があります。

一度の雨はそれほど長くないものの、午後にかけても南から次々に雨雲が流れ込みやすい状況が続くため、いつ雨が降り出してもおかしくない状況です。少しの外出でも念のため折りたたみの傘など雨具を用意してください。

雷を発生させるような発達した雨雲もあり、落雷にも注意が必要です。
» 最新の雨雲レーダー

 

午後は南関東の広い範囲で強風注意

 

ウェザーニュース
9日(月)午後の風の予想

台風9号は日本海で温帯低気圧に性質を変えながら、さらに発達が予想されます。関東でも低気圧に向かって吹き込む風がさらに強まってくる見込みです。

午後は南関東の広い範囲で平均10m/s以上の風が吹き、沿岸部では15m/sを上回ります。瞬間的にはこの1.5~2倍の風となるため、20m/sを超えるほどです。傘をさすと煽られるような強風で、一部の電車など交通機関に遅れなどの影響の出る可能性があります。

今日は一日を通して、急な強い雨や強い風に注意をしてください。
» GPS検索 ピンポイント予報

【関連記事】