NEWS
2021年11月02日 15時32分 JST

立憲・枝野代表辞任表明に「たいへんに残念」「ご慰労申し上げたい」野党党首らがコメント

国民民主党の玉木雄一郎代表や共産党の志位和夫委員長がTwitterでコメントしました。

時事通信社
(左から)枝野幸男氏、志位和夫氏、玉木雄一郎氏

立憲民主党の枝野幸男氏が11月2日、代表を辞任する意向を表明したことを受け、野党の党首らがコメントした。

枝野氏はこの日午後1時からの党執行役員会の冒頭で、衆院選で公示前よりも議席を減らしたことを受け、代表を辞任する考えを示した。

この発言が報道されると、野党の党首らがTwitterを更新。共産党の志位和夫委員長は「立憲民主党・枝野代表が辞任表明と聞き、たいへんに残念です」とした上で、「枝野さんとは、16年参院選、17年総選挙、19年参院選、21年総選挙と、4回の選挙を協力してたたかい、敬意と信頼の気持ちをもっておりました」とつづった。

今回の衆院選で、立憲、共産、社民、れいわ新選組の野党4党は共通政策に合意し、選挙協力を強化しており、志位氏は「引き続き協力と連携の関係の発展を願っています」とした。

 

一方、共通政策には加わらなかった国民民主党の玉木雄一郎代表もTwitterを更新し、「枝野代表が辞意を表明された。野党第一党の党首として大変な重責だったと思う。心から敬意を表し、ご慰労申し上げたい」とねぎらった。 

その上で、「新代表が誰になるのか、どんな路線を取るのかは不明だが、国民民主党としては『改革中道』『対決より解決』路線を貫いていく。公約で約束した政策の実現に全力を傾けていきたい」とも強調した。